ヨガとワタシ

 

 南インド シヴァナンダヨガ アシュラムで

 

 小さい頃は木登りが大得意で、近所の都立公園の木々を制覇する事を密かな目標としているようなオテンバ娘でした。高校・短大時代は剣道に夢中になり、社会人になってからはボディーボード。運動がすごく得意!という訳ではなかったのですが、振り返ってみると、いつも何かしらの運動を続けていた気がします。

短大卒業後、外資系メーカーに就職。在勤中に、雑誌の読者モニターとして初めてヨガクラスに参加。エクササイズ感覚で始めたヨガでしたが、なんだかよく分からないけど終わった後の爽快感がヤミツキになり、徐々に「ヨガってなんなの??」とヨガの世界への探求が始まりました。今から10年くらい前のことです。

パワーヨガ、ハタヨガを練習し始め、2008年に出会ったのがシヴァナンダヨガ。

「沢山の知識や経験がなくても誰でも実践できるということ。幸せを外に求めず、ヨーガによって真の幸せを自分自身の内側に見つけましょう。世界の平和は、世界を作る一人ひとりが自分の内側に平和を見つけることから始まる。」

というシヴァナンダヨガの考え方に共感し、現在ではシヴァナンダヨガを主に練習しています。

 

2007年 全米ヨガアライアンスティーチャートレーニング200H終了

2012年 シヴァナンダヨガ認定正式指導者(インド)

 

ヨガがあったから今の自分があるんだろうな、と思うんです。でも、それっていついつの何体がどうでこうなったから、ヨガはいいんだ、と言えないのです。そんな”じんわり”心と身体に効いてくるのが、ヨガかな、とも思っています。

少しずつでも、ヨガを続けていきたい。そして、みなさんにもぜひ、ちょっとずつでも続けて欲しい。

ヨガを始める動機なんてなんだっていいと思うのです。細く長く続けていけるヨガを目指しています。でも、ふっと振り返った時には、その「ちょっとずつ」のものがすごく大きなものとなって、それが自分を支えてくれるのだと思うのです。こころやからだ、そして魂まで響くピースフルなヨガ、そしてそこに集うお友達の輪が広がって行くことを祈りつつ…ヨガサークルを『ヨガノワ』と名づけました。今まで自分が経験してきたヨガをみんさんとシェアできればうれしいです。

 

 

プロフィール

施術者紹介
 
Health Hut とは
 
ボディートークとワタシ
 
チャネリングとワタシ