ボディートークセッションとは

ボディートークは、ご自身の自然治癒力を使って、こころとからだのバランスをとっていくという、とてもシンプルだけれども効果の高いエネルギー療法です。

ボディートークではご自身の自然治癒力を回復することによって治癒効果をもたらしますので、一時的な症状の軽減ではなく、長期的・持続的な健康の改善をもたらします。薬も器具も一切使わず、シンプルでとても安全です。 副作用もありませんので、他の治療を受けられている方にも併用していただけますし、お子様はもちろん、妊娠中の方、お腹の中の赤ちゃんへのセッション、動物へのセッションも可能です。また、身体だけでなく、心にも作用することも特徴的です。

 

ボディートークの効果

頭痛 ・肩こり ・背部痛 ・腰痛

アレルギー全般 ・アトピー

ウィルス性疾患(慢性および急性) ・感染症

内臓・内分泌障害 ・胃腸障害 ・関節炎 ・疼痛

不眠 ・ストレス ・慢性疲労

不妊 ・生殖障害(性欲減退)

スポーツ外傷、負傷、事故外傷のリハビリ

情緒障害 ・学習障害 ・多動性障害 ・恐怖症

PTSD(心的外傷後ストレス障害) ・うつ

 

ボディートークの考え方をもう少し詳しく・・・

ボディートークでは、私たち人間は肉体・心・精神・感情・意識から構成されている心身複合体と考えます。 そして、からだはからだの中でそれぞれの組織がコミュニケーションをとりながら、調和をとって機能していると考えます。この調和がとれている状態は「健康」であり、自らを回復しようとする天性の力=自然治癒力も十分に機能します。しかし、肉体的・精神的にストレスを受けると自然治癒力は低下し、精神的・肉体的に症状が現れます。これが「病気」の状態となるのです。この「病気」の状態を回復するには、からだのどこが調和がとれていないのかを見つけ出し、コミュニケーションを回復してあげればいいのです。からだは自分を治癒するのに必要な情報と能力のすべてを持っているので、私たちはその自然治癒力が十分に発揮できる条件を揃えてあげればいいだけなのです。

ボディートークは、西洋医学、東洋医学、応用運動学、カイロプラクティック、鍼灸、オステオパシー、量子物理学などの成果を取り入れた独自の施術システムで、ストレスなどにより分断されたしまったからだのなかのコミュニケーションを修復し、エネルギーの流れを調整して、自然治癒力を回復していきます。

 

ボディートークの基本は3つのステップ

①からだのなかで何が起こっているかをからだから聞きだします    

②どのような「リンク」でコミュニケーションシステムを改善できるかをからだに聞きます               

③このリンクをタップすることで、健康なからだに戻すために必要なバランスをとるよう頭部と胸部とトントンと軽くタップし、脳と心臓のフィールド働きかけます。

リンクとは、からだの中でどことどこがコミュニケーションをとりたいか、その「つながり」のことを意味します。脳をタップすることにより、脳の中心部が活性化し、脳が心身の健康状態を見直してくれます。心臓は体内のあらゆる細胞にエネルギーと情報を送り出す役割があり、記憶する臓器とも言われています。脳と心臓へのタップは、体内のコミュニケーションを修復し、その変化を記憶しておく役割があります。

 

ボディートークでは「診断」はしません

ボディートークでは、クライアントさんの症状を診て「何の病気か」を判断する「診断」は行いません。「どこのバランスがくずれているのか?」「どの順序で何をすべきか?」を自然治癒力を司る天生の知恵(インネイト-ウィズダム)に尋ねていきます。病気の症状は心身が抱える問題の一部が形をとって表面に現れたもで、その原因となるものは、会社でのストレスかもしれませんし、今後の進路への不安や恐れ、もしくは過去におこった悲しい出来事、または普段の食生活が原因かもしれません。このように、症状の原因は多岐に わてっている可能性が高く、これら全ての原因に焦点をあてて、調整するまでは、「診断」はできないのです。 ボディートークでは、何が原因で、どんなプロセスで、症状が現れてきたのか、その原因の”根っこ”までアプローチしていきます。ですので、その効果は一時的なものではなく、長期的な健康の改善をもたらすことができるのです。

 

プロトコールチャートを使い、どこのバランスが必要なのかをからだに訊いていきます

このプロトコールチャートには、私たちを取り巻く様々な要素が含まれています。体の部分、内臓や内分泌腺など肉体的なものはもちろん、意識や感情、過去のトラウマ的な記憶、経絡やチャクラ、はたまた過去世での記憶や、宇宙の惑星なども、私たちのからだに影響しているかもしれません。

何がでるかはお楽しみに・・・です。

 

 

ボディートークの施術は気軽に受けて頂けます

monshin 2

着替えもいらず、ただ横になっていただくだけOK。施術者はクライアントさんの片手に触れ、「神経筋バイオフィードバック」という技法で、からだに「はい」と「いいえ」を訊きながらリンクを探していきます。クライアントさんが話したくないことなど、何かを打ち明けたりする必要はありません。

 

赤ちゃん・お子様にはお母さまが代理人となって頂き、赤ちゃんをだっこしながらセッションを行うことも可能です。ベットに横たわることができる赤ちゃんやお子様は、代理人は不要です。そのままご自身にタップしていきます。

IMG_0675

 

 

授乳しながらママさんと横になって・・・でもセッション可能です。

IMG_0677

 

 

仰向けで寝ころがるのが辛い妊婦さんなどの場合は、横向きに寝ころがっても、もしくは座ってでのセッションも可能です。

スクリーンショット 2015-04-10 10.17.48  スクリーンショット 2015-04-10 10.18.10

 

ペットの動物へセッションを行う場合は、ペットをご同行いただく必要はありません。お写真をご持参いただき、飼い主さんが代理人となって頂きセッションを行います。アニマルボティートークに関しては、こちらからどうぞ。

 

 

ボディートーク療法は、医療的な診断、治療または薬物投与の代替物ではありません。
 直接的な医療行為に替わるものでないことをご了承ください。
ボディートークセッションは、宗教とは一切関係ありません。

 

 

セッションの様子

ボディートークの歴史

ボディートークの応用分野

アニマルボディートーク