ペットへのボディートークと猫写真館

 

我が家の愛猫メイ。今年で19歳になりました。

 

 

うちのネコちゃんとっても元気で、それこそ、生後2-3ヶ月で我が家にもらわれてきてから、風邪ひとつひかず、下痢、鼻水など一切なし!病気知らずの超健康優良児だったのです。なので、病院のお世話になったのも、避妊手術くらい。ここのところずっと病院にはかかっていなかったのです。

 

ですが、昨年、事件が起こりました。

 

寝ている時に、突然に痙攣し始めたのです。1-2分ヒックヒックブルブルブルと大きく身体を揺さぶり、完全にパニック状態で痙攣する、というような症状が起きたのです。

 

私はすぐに抱きかかえ、ボディートークの大脳皮質という、脳のバランスをとるタッピングをしました。

見ている側もパニックでしたが、猫自身もパニックだったのでしょう。しばらくすると、痙攣は収まりましたが、メイは全身を使ったせいか、疲労困憊といった感じでぐったり。舌をだし、よだれを出して、自分の足で立ち上がれず、しばらくじっとうずくまってしまいました。

 

こんなことが月1回、1-2ヶ月に1度という頻度で起こり始めたのです。

 

高齢猫向けに低反発の低めのベットを購入。ちょっと偉そうです 笑

 

もちろん、この後すぐ、動物向けのボディートークセッションも行いました。レメディを飲ませたり、自然療法も使い、温めたこんにゃくを内臓に当ててみたり、ありとあらゆる手をつくしました。

 

お腹にこんにゃく湿布をあてている様子。結構気持ちよさそうで嫌がりません!

 

 

それでも、忘れた頃にやってくる痙攣が続き・・・

 

ここはやはり、検査をしてメイの身体のどこで、何がおきているのかを、調べて見る必要があるかも・・・西洋医学の力も借りてみようかということで、しばらくぶりに動物病院のお世話になってみたのです。

 

元気だと紐で遊びます。

 

 

病院で症状を伝えたところ、

血液検査

尿検査

心電図

の検査をしてもらいました。

 

獣医さんのお話では、

『心電図は正常。尿が薄いとの、腎臓の数値がよくない。もし、痙攣が「てんかん」であれば、心臓に原因があるけれど、てんかんなら幼少期から痙攣の症状ががでているはず。もう一つの可能性としては、脳に起因するものだけれども、MRIを撮ってみないと分からない。動物のMRIは全身麻酔だけれど、メイちゃんの場合は高齢なので、全身麻酔後に意識が戻らない、という可能性もなくはないので、年齢的に適切ではない。』

 

とのことでした。

 

結局のところ、「高齢によるもの」となり、原因も結果も処置方法も分からずでした。

 

はい・・・。

 

そういう結果になることは薄々分かっていたけれど、でも、やっぱりそう結論ですよねぇーという気持ちでした(^_^;)

 

苦しんでいるペットを前にできることは何もないのではないかっ!!!

 

となりますよね。涙

 

ということで。

ここはやっぱり、ボディートークに頼るしかない!という結論になった次第です。

 

ボディートークは道具も器具も薬も使わない、その動物がもっている治癒力を最大限発揮できるようにバランスするだけなので、いくら高齢のペットでもできるので安心です(^-^)

ペットの写真があれば、大丈夫!直接ペットにセッションもできますし、飼い主さんを代理人としてセッションもできます。

 

飼い主の私や主人がボディートークセッションをすることもできますが、思い入れが強くて偏る可能性があるので、友人のボディートーク施術士に施術を依頼したり、動物のセッションを専門にやっていらっしゃる先生にセッションを依頼したりしました。

 

遠隔セッションをしてもらっている最中のメイ。トロンとして眠そうでした。

 

セッション内容は、

『内臓機能の低下、たんぱく質の消化吸収の活性化をする。脳の前頭前野の萎縮のバランス。脳梁のバランスで(ここは宇宙意識とつながる部分といわれています)神聖な女性性・男性性に関して私たち夫婦のエネルギーを調整してくれようとしている。

そして、メイはとても心静かで、これから自分の身に起きるである肉体からの離脱(死)に向けて、私たちにどうぞ悲しまないで、生まれてきた場所に戻るだけだから・・・と伝えたい』

 

というセッション内容でした。

 

号泣でした 涙

 

ペットとして一緒に暮らしている動物たちは、野生の環境から離れ、人間の生活に適応しようとしてくれています。また、飼い主さんとの強い繋がりもあり、飼い主さんの抱えている顕在的・潜在的な様々な問題を解決しようと助けてくれる存在なのです。

 

ちなみに私とメイは、エジプトの時代から転生を繰り返しているパートナーなんだそうです!(信じるか信じないかは人それぞれですが・・・私はめちゃめちゃ信じています!)

 

ここしばらくは痙攣は起きていません。ボディートーク、効果を発揮してくれていると思っています!

 

もし、ペットちゃんに西洋医学的に、もう何もしてあげられることがない、というような状況になったら、ぜひ、ボディートークを思い出して下さい!どんな状況でもセッションできます。

 

そして、そんな危機的状況になる前に!

動物と飼い主ご自身のためのケアもできるんです(^-^)アニマルボディートークアクセスという講座があります。2日で取得できます。ご自身のケアに、そして愛するペットのためにぜひ!ボディートークの智慧を活用してください。

 

東京では4/14(土) 4/15(日)、 大阪では4/21(土) 4/22(日)でセミナーがあります。

ご興味ある方は、こちらからどうぞ! 

 

じゃん!突然届いた表彰状。

動物病院、なんの原因も対処もしてくれなかった・・・と嘆いておりましたが。今年初めに杉並区獣医師会から表彰状が届きました(^_^;) 18歳になると表彰してくれるそうです。

これもあの時、病院にかかっていなかったらいただけなかったものなのでしょうね。ありがたく頂いておきました(^-^)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは猫親バカ写真館でーす! お時間あればお付き合いくださいませ。

                

   

 

お付き合いいただきありがとうにゃん!

ボディートークを一緒に勉強しませんか

 

高尾山の「とんとん地蔵尊」。 とんとんと言えば・・・あれですよね!

 

「とんとん」と言えば・・・そりゃぁ、やっぱりボディートークですよねぇ(^-^)

 

ボディートークのセッションを受けてくださっている方はご存知の通りですが、ボディートークのセッションは、ご自身の心身の不調和となっている症状や状況の根幹にアプローチし、意識をもって「頭部(脳)」「胸部(心臓)」「腹部(腸)」をとんとんとタッピングし、ご自身の自然治癒力を活性化し、自分の力で自分をバランスていく療法です。

 

タッピングと聞くと何やら怪しい感じもしますが(^_^;)

でも、ボディートークだけではなく、たくさんの代替医療の手技でも「タッピング」なる手技は使われています。もっといえば、先住民族やシャーマン文化の残る地域でも遥か昔から医療行為として「タッピング」が使われていたそうなので、タッピングの歴史は古いのです(^-^)

頭痛・肩こり・背部痛・腰痛・アレルギー全般 ・アトピー・ウィルス性疾患(慢性および急性)・感染症・内臓・内分泌障害・胃腸障害・関節炎・疼痛・不眠 ・ストレス・慢性疲労・不妊 ・生殖障害(性欲減退・スポーツ外傷、負傷、事故外傷のリハビリ・情緒障害・学習障害・多動性障害・恐怖症・PTSD(心的外傷後ストレス障害)・うつ

など、様々な症状に効果をもたらしてきた症例があるのです。

 

代替医療なので、「治ります!」・・・とはいえないのですが、「やってみる価値はある」といつもクライアントさんにはお伝えしています(^-^)

そんなボディートークですが、セッションを受けるだけでなく、ご自身でもセフルケアができることをご存知ですか?

 

ボディートークアクセス

 

といいます。

 

多岐にわたるボディートークの概念やテクニックのうち、

 

誰がやっても効果的!

誰にでも絶対必要!

 
 という5つのテクニックを抜粋して教えてくれるセミナーがあるのです。それもなんと1日で学べるのです(6時間の講座でみっちりなのですが 汗)

2018年度より、私、尾崎千恵も、ボディートークアクセストレーナーの認定をいただきまして、講座を開講する資格をいただきました!(なかなかハードなトレーニングを1年がかりで終了いたしました)

そして、晴れて!

「ボディートークのセッションを受けてみませんか」から、

「ボディートークを一緒に勉強しませんか」と言える立場になりました!

ぜひ、ご一緒に勉強していきませんか(^-^)

 

以下、セミナーのご案内です(^-^) 初回デビュー戦です!

 

日時:2018年2月10日(土) 9:30〜17:30

場所:高井戸地域区民センター 〒168-0072 東京都杉並区高井戸東 3 丁目 7 番 5 号
京王井の頭線「高井戸駅」徒歩 3 分
関東バス(荻窪・芦花公園駅間、荻 54)「高井戸駅」下車徒歩 3 分
関東バス(荻窪・北野間、荻 58)「高井戸駅」下車 3 分

受講料:21,600 円(消費税込)
*1/10までにお申し込み・お振込完了の方は、早割19,440円が適応されます

講師:尾崎千恵
お申し込み:ボディートーク協会のHPからお申し込みくださいませ
詳細はボディートークアクセスセミナーからどうぞ(PDF)

 

ボディートークアクセスセミナーのページも私のWebサイトに更新いたしました!随時こちらに日程など更新していきます(^-^)

 

このセミナーは、ボディートーク協会主催のものですので、お申し込みは、ボディートーク協会のWebサイトからお願いいたします。もしご質問などあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ!

 

この日程に合わないわ!という方や、

遠くて行けないわよー

という方がいらっしゃれば、ぜひお問い合わせください(^-^)いくつかクリアしなくてはならない点がありますが、東京以外でのアクセスセミナーも積極的にお伺いしていきたい意向です!

 

ボディートークアクセスセミナー模擬クラスの様子。実演を交えてお伝えする実践型です!

 

具合が悪いので病院にいく、薬を飲む・・・

ということが大事な時もあります。が、薬も器具も使わず、ご自身でできる簡単な応急処置や処置方法を身につけておいてもいいかと思います(^-^)

ご自身が本来持っている治癒力や免疫力を最大限に活性化させ、病気を未病で防ぐという、セフルケアへの取り組みこそが、今後大事になってくるのではないでしょうか。

ぜひ、ボディートークセッション、そして、ボディートークアクセスセミナー、ご検討くださいませ( ´ ▽ ` )ノ

 

新年のご挨拶

お写経+YOGAでお世話になっております!薬師寺東京別院さんのお正月のお玄関

新年あけましておめでとうございます!

みなさま、よい年越&新年をお迎えになられたことと思います(^-^) 

本年も引き続き、ボディートーク・チャネリング・ヨガを通して、みなさまがよりご自身らしく、より生きることを楽しめるご自身になれるよう、サポートさせていただきたいと思っております!

本年もHealth Hut、どうぞよろしくお願いいたします。

 

薬師寺さんで巫女さんのさきちゃんと。ご利益ありそうです(^-^)

 

さてさて!昨年度も12月、駆け抜けました〜(^_^;)

昨年も、年末ギリギリの12/30までセッションをお受けして、「みなさまご自身の年末大掃除」をさせていただきました。清々しい新年を迎えるにあたり、お家の大掃除も大事ですが、ご自身自身のケアも大切ですよね。

 

大掃除といえば。

お正月は、元旦の初日の出とともにやってきてくださる「年神さま」をお家にお招きする準備をするためのお掃除ってご存知でしたか?

私は、なんとなく聞いたことはあったような・・・

でも、はっきりとは認識していなかったかも、という感じでした(^_^;)

 

門松も神さまを「待つ=松」という意味から、家の門にお飾りをします。そして、お迎えする年神さまは「鏡餅」に宿るそうなのです!(ここでも、またへぇーー!)

そしてそして、それを鏡開の際に、家長から、家族みなに分配するのが「お年魂」→「お年玉」となったそうで、もともとはお餅を配られていたんだそうです。

 

「へぇぇぇぇ!」

 

って感じでした。

日本のしきたりも、なんとなく聞いたことはあっても、詳しく知らないことが多いですね(^_^;) こんなこともちゃんと勉強していきたいな、と思っているこの頃です。

 

元旦の朝は、まず氏神様へお参りに。甘酒がいただけます。毎年のささやかな楽しみ(^-^)

 

「日本人が知っておきたい和のしきたり」

という、山本三千さんの本を購入し、お勉強させていただきました。

山本三千子さんといえば、「室礼三千」(しつらいさんぜん)という室礼教室を、お教室を開催されていらっしゃいます。しかも、偶然にも地元、浜田山!大きな日本邸宅で、昔から、そこを通るたびに、どんな方のお宅なんだろう・・・と思っていたら、やはり日本文化を継承されている方のご自宅だったのですね(^-^)

私の友人も、わざわざ千葉県から何時間もかけて、この室礼教室に通っていたりしましたし、いつもご自宅に素敵な飾り付けをしているセンス抜群の友人も、やはりこちらに通っています。

 

せっかく近くだし!習いに行きたい・・・!と思いつつ数年が経ってしまいました。やってみたいこと、やらなくちゃいけないこと、のバランスと優先順位が難しいですね(^_^;)

 

 

 

恥ずかしながら、我が家のおせちの様子を忘備録的に。こじんまりですが、ほぼ手作りです(^-^)

 

そうなのです。やらなくちゃいけないことのひとつに、このブログもありました 汗汗汗

 

昨年12月、大阪での講座を終えて、その足でそのまま岡山へ行きました。

岡山での出張セッションも、今年でもう3回目になります。セッションを受けにきてくださった方、岡山や近隣県で、ボディートークに興味関心を抱いてくださっている方々、いつもありがとうございます!

 

そこで、一年ぶりにお会いしたクライアントさん。開口一番に、

 

「千恵さん、ブログ全然アップしていないですよねー!!笑」

 

という率直な感想をいただき・・・(^_^;) 反省しております。

こんな私のブログを気にかけてくださっている方がいらっしゃるのねという驚きと(!)、喜び、そして、申し訳なさでいっぱいです。年に数回のブログでごめんなさーい!

 

ブログ!書かせていただております。そして、いろいろお知らせがあるんです。

 

まず。ボディートークの形式が若干変わりました!

 

もう1ヶ月も前のことですが、12月初旬、ボディートークの「パラマセオリー」を5日間かけて勉強してきました。そして、「パラマボディートーカー」になりました!

 

・・・なにそれ?

 

って感じですが(^_^;)

簡単にいうと、ボディートークがよりダイナミックに進化しました。扱える範囲が広がり、より直感的に、施術を進めていくことができます。

1回のセッションにかける時間が短縮するかもしれません。そして、なによりも、大きなシフト=変化が訪れることが期待できます。

 

大きな変化への期待・・・

 

といってしまうと、自らハードルを上げているような感じもしますが(^_^;)でも、これは私自身が、5日間のセミナーを通してパラマボディートークを体感・実感したことなので、少なくとも私の、そして、この講座後にパラマボディートークでセッションを受けてくださったみなさまからの感想なのです(^-^)

 

まず、私がパラマボディートークのセッションを受けた後の変化をシェアさせてください。

 

「今後の仕事・家庭・自分の学びの両立 何をどう優先していくのか」

というテーマで練習セッションを講座中にしてもらいました。講座中の限られた時間内でのセッションでしたので、時間にするとわずか15-20分くらいでした。

内容は、簡単にいうと、過去の記憶と、脳内の思考パターンの浄化と解放。実際に触れられてはいないはずの、脳の内がピクピク動く感じがしました。

セッションが終了して、起き上がって、しばらくすると・・・

 

「き、気持ち悪い・・・」

 

なんとなく、うっすらとした目眩と、若干の吐き気がありました。(実際は吐きませんでしたが)こんなに体内に変化を感じたのは久々で、びっくりしました。気持ち悪さは、その後1-2時間で収まりましたが、とにかく気持ちが悪かったです 笑

 

そして、その練習セッションの翌日。なんと、英語がよく聞こえるのです。

大阪での講習を終えて、和歌山の温泉に向かう移動時間中、普段あまり聞かないのですが、iPodで昔入れた音楽を何気なく聞いていたら・・・。なんと、英語の歌がするするっと耳に入ってくるのです。英語が聞こえるように、なんて意図していなかったのですが、意外なところでの脳・聴覚・読解力がバランスされたのでしょうね。

「えー!そう変化がきたか!」と思ったので、ヒップホップなど、ラップの部分など、いつもは何言ってるのか分からないよーというような曲もいろいろ聞いて試してみましたが、やっぱり不思議なことに、英語の音が聞こえるたんですよね〜。なんだか、その耳に入ってくる音の聞こえが澄んていて、いつもとは明らかに何かが違うのです。

 

でもですね!

 

聞こえてくる音はクリアなのですが、やっぱりその単語の意味の蓄積が脳にないものは、意味までは分からない・・・ってオチがありました(^_^;)

 

ボディートークでも「右脳と左脳のバランスをとる」とよく言いますが、物事をいろいろと暗記して覚えて、しっかり左脳に叩き込んでおくと、今度はそれを右脳と統合させることによって、その知識をより柔軟に、よりダイナミックに活用できるのです。

 

これは・・・

 

特にこれからの受験シーズンなどに応用できるかもしれませんね!

 

ただし、私の場合もそうですが、英単語を聞きとれるようになったとしても、その英語の意味を覚えて、記憶のストックに入れておかないと「知らない単語は、やっぱり分からない」となるので、しっかりお勉強された後に、パラマボディートークでバランスするといいかもしれません(^-^)

 

 

パラマと脳のポスターが増えて、セッションルームの壁が少し賑やかになりました。

他にも、対人関係でのストレスの変化(理不尽で、自分たちのストレスを部下になすりつけてくる、嫌いな上司3人との関係性が、パラマボディートークの翌日に早速変化した!)などなど、興味深〜い症例があるのですが、長くなってしまったのです、またの機会にシェアさせてください!

 

そして、最後にもう一つお知らせです。

 

今年から、ボディートークアクセスという、ボディートークのセルフケアの1日講習の講師を担当させていただくことになりました!

2018年 2/10(土) に私が担当する初回の講習会があります。

ボディートークのセッションを受けるのも、もちろんおすすめですが、もし、ご自身でも毎日ボディートークの基本のケアをできたり、緊急事態に使えるボディートークのテクニックを知っていたら、どんなに日々の生活に役立つでしょうか(^-^)

 

ボディートークのテクニックを学ぶだけでなく、

ボディートークってなんなのか

自分の身体の仕組み

自然治癒力は何か

健康な状態、不健康な状態とは何か

 

など、私たちの肉体と心の「仕組み」のベースを学べる内容で、一度聞いておかれると絶対損はない内容になっております!(^-^)

 

ご興味ある方は、ぜひ、ボディートーク協会のHPからお申し込みくださいませ。

日程が合わないわ!という方は、別のトレーナーの方も全国各地、別日程で、各所で開催させれておりますので、そちらもあわせてどうぞ!

 

 

・・・ブログ、書き出すと止まりませんね。

 

まだまだお知らせが盛りだくさんなので、次号のブログで書かせていただきます!

 

カミングスーン!( 絶対スーン!!で頑張ります!笑)

 

みなさまの一年が輝かしいものであることをお祈りしております( ´ ▽ ` )ノ

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

タパスタパス!

お写経+YOGAの茶話会の様子。語ってます・・・語らせてください!(笑)

 

10月に入りました!みなさまいかがお過ごしですか(^-^) 今年もあと3ヶ月です。1年は本当に早いですね・・・(^_^;)

 

今年から、毎月開催させていただいている薬師寺さんでのお写経+YOGAも、年内あと2回になりました。(11月はスケジュールの関係でキャンセルです)

 

10/8(日) 9:30〜13:30   

12/3(日) 9:30〜13:30 

ご都合がつけばぜひいらしてください!

 

せっかく毎月やってるのだから、と忘備録的に毎回の様子を掲載しております(^-^)こちらからご覧いただけますので、よかったら覗いてみてください!

 

  

お抹茶・チャイ・お干菓子・毎回の変わるお楽しみ手作りおかし!をご用意しております。ヨガのあと、腹ごしらえしてお写経に臨めます(^-^)

 

今年の新しい試みとして、毎回お写経+YOGAの茶話会として、ヨーガのお話をさせていただいております。前回9/3の茶話会のお題は・・・

 

「タパス」

 

なんだか美味しそうな感じもしますが(^-^) サンスクリット語で「Tapas」といい、こうしたほうがよりよく過ごせるよ、というヨーガの教え「ニヤマ」のうちの一つの教えです。

 

私が日本で一番最初にシヴァナンダヨガを教えてもらったHIKARU先生。現在は、アンダーザライト(UTL)というヨガスタジオで教えていらっしゃいますが、6-7年くらい前までは、代々木の公民館で毎週シヴァナンダヨガのクラスを開催されていて、友人たちと毎週のように通って練習していました。

 

シヴァナンダヨガはおそらく、世界で一番大きなヨガの組織で、世界各国にアシュラムという宿泊型のヨガ研修施設やヨガセンターがあり、ヨガのインストラクター育成に留まらず、ヨガの思想をもって、世界のリーダーとなれるような人材の育成に力を入れています。

HIKARU先生は、スペインでシヴァナンダヨガの研修を取られたようで、スペインでの研修中にこの「タパス」の講義になったら・・・

スペインの受講生が「わーい!タパスタパス♪」となったそうなのです。スペイン語で「タパス」は、ワインに合うような「おつまみ」を表すそうなのです(^-^)

その一方、ヨガで使うサンスクリットでの「タパス」は、「燃やすこと・苦行・困難に立ち向かうこと」なんて訳されたりもします。おつまみ・・・とは全く違いますね(^_^;)

 

この話がとっても印象に残っていたので、お写経+YOGAでの茶話会でも、

 

『パスタ屋さんの「タパスタパス」じゃないですよ〜』

 

とお伝えしたら、これが逆に印象に残って、みなさん覚えて帰ってくださったようです(^-^)  

 

タパスとは、燃やす・熱で消費するという意味の「タプ」という語源からきています。
簡単にいうと、心、体、感覚を浄化するための自己訓練のことを示します。
人生において、「燃え尽きるほど努力すること」。それは、自己規律を続けている厳しさも含んでいて、どんなことにも、チャレンジし、前向きに考え、実行していくための建設的努力のことをタパスといいます。

 

じゃぁ、どんな風に、どんな努力すればいいの?と思いますね。

 

実践すべきタパスには3つの種類があります。

「へー、3つだけ実践すればいいのか」と思いますが・・・この3つ、なかなか手ごわいのです(^_^;)

 

1. 身体に関するタパスの実践  → 不殺生・貞節を守る・礼拝・清潔・率直・不殺生
2. 言葉に関するタパスの実践  → 言葉で他人を傷つけないように・悪口を言わない・真実を語る
3. 心に関するタパスの実践   → 喜びに面しても、悲しみに面しても心が平静で安定していること
平穏・親切・自己制御・純真であること

 

読まれてお気づきの方もいらっしゃると思いますが、仏教でいう「悪業(あくごう)」と同じアイディアです(^-^)仏教では、「身業」「口業」「意業」などといいますね。殺さない・盗まない・淫らではない。「口業」は、嘘偽り・でまかせ・悪口・二枚舌を使わないこと。「意業」欲しがる・怒り妬む・自分を特別と思わないこと。

 

話は少し飛びますが、仏教のこんな教えを法話という形でお寺で聞くことができます(^-^)私は毎月第4土曜日11:00〜13:00 に五反田薬師寺さんで行なわれている、「東京行基さんの会」に参加しています。無料です!お抹茶もいただけます(笑) ちなみに、次回は10/28(土)です。

薬師寺さんの元管主であり、現在は薬師寺の長老であり、喜光寺さんという奈良薬師寺さんの兄弟のようなお寺の住職でもあられ、さらにさらに!お写経+YOGAではお世話になっている山田さんのお父様にあたる山田法胤さんによる法話です。

 

もう時期は終わってしまいましたが、喜光寺さんは蓮の花でも有名です(^-^)

 

山田長老さまの法話、めちゃめちゃ面白いのです!

 

難しい仏教の教えを面白可笑しく、明快に説明してくださいます。いつも会場には、100人近くの老若男女が集まります(^-^) 

さらに特典があって、山田長老の法話の前に30分だけ、日本橋清洲クリニックの佐藤先生からの「免疫学」のお話が聞けるのです!無料です(笑) 

佐藤先生は、もちろん西洋医学のドクターでいらっしゃいますが、動物学や免疫学の観点も踏まえ、これからの「予防医療」に関して、私たちが本来持っている治癒力やからだの仕組み、病気が発生する仕組みをお話くださいます。ボディートークをやっている私にとっては、西洋医学のドクターから自然治癒力のお話を聞けると、

 

「ひゃっほ〜!!!そうそう!それー!!!」

「やっぱりそうよね!!!」

と同意をもらったようで、喜びが爆発します(^-^)

 

ということで、山田長老が「心の免疫」を、佐藤先生が「体の免疫」のお話をしてくださいます。とっても素敵な会なので、ぜひ一度お時間を作ってご参加ください!

 

あ、それと、この毎月第4土曜日の薬師寺さんでの「東京行基さんの会」だけの特典で、奈良喜光寺さんの「いろは写経」なるお写経もできます。こちらは2,000円のお納めが必要です。般若心経以外のお写経も新鮮です!よかったらぜひ(^-^)

 

昨年夏に訪問した喜光寺さんの「いろは写経」。ひらがながなかなか難しいのです・・・通常は、奈良の喜光寺に行かないとこのお写経はできませんが、毎月第4土曜日の「東京行基さんの会」の時だけ、東京の薬師寺さんでもお写経ができます!

 

ということで、仏教でも、ヨガの教えでも謳っている「タパス」。

人や物、動物植物、環境を傷つけず、噂や悪口を言わず、人にも自分にも正直であり、怒らず、妬まず、ひねくれず、どんな状況や環境でも心を安定して保てるように、燃えるような努力をし続けること。タパスの実践、とっても難しいです。でも!実践する努力をしていきたいですね。

 

・・・と自分にも言い聞かせています(^_^;)

 

スワミシヴァナンダ(1887年〜1963年)という現在のシヴァナンダヨガの大元になるヨガの教えを広めた聖者の言葉で、すごく端的に、私たちにヨーガのアドバイスをくださった言葉があります。ぜひご紹介させてください!

 

Serve, Love, Give, Purify, Meditate, Realize

奉仕しなさい、愛しなさい、与えなさい、自分を浄化しなさい、瞑想しなさい、そして悟りなさい

 

Be good,  Do good, Be Kind, Be compassionate 

よくありなさい、よい行いをしなさい、親切にしなさい、こころ優しくありなさい

 

Adapt , Adjust, Accommodate, 

順応し、適応し、適合しなさい

 

Bear insult, Bear injury, Highest Sadhana

侮辱に耐えなさい、中傷に耐えなさい、それが最高の修行です

 

Bear insult, Bear injury, Highest Yoga

侮辱に耐えなさい、中傷に耐えなさい、それが最高のヨーガ(の実践)です

 

と言っています。スワミシヴァナンダは、多忙な生涯の中で、200冊を超える本を書き、ヨーガの教えを現代の私たちへも伝えてくれています。聖者の言葉は簡潔で、響きますね(^-^)

と、こんなお話をお写経+YOGAでしております!

前回の「タパス」のお話、茶話会での資料も添付してみますので、もしご興味あれば、ご覧になってみてください!

ということで、ご興味あれば、お写経+YOGA、そして、薬師寺さんでの法話会などお出かけくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

そうそう!10/9(月)は五反田薬師寺さんでの観月会です。野点でお抹茶もいただけます!私も参加予定です!みなさまもぜひ〜。

2017年のサンカルパ

 

img_3570

薬師寺東京別院さんのお正月のお玄関。華やか!

 

新年、あけましておめでとうございます。

昨年は、ヨガクラス、ボディートーク、チャネリングセッションでみなさまにお会いでき、嬉しかったです(^-^) ご参加、セッションを受けにお越し下さり、ありがとうございました。

OLを辞め起業してから、「自営業の醍醐味よね〜」とクリスマス以降はお仕事をいれず、長いお休みを頂いておりました。(特に旅行に行くわけでもなく、ただ、サラリーマン時代にできにくかった長い休暇を自由にとってみたくて(^_^;)

ですが。

昨年は年末ギリギリまでボディートークのご予約を承ってみました。

「自分自身の大掃除!」も大事よね、と年末にたくさんの方がお越し下さり、充実な年末を過ごすことができました。そして、年末にボディートークをやっておいてよかった!なんて感想もいただきまして、嬉しい次第でした。

私の夫もボディートーク施術士なのですが、(サットバというセッションルームをやっております)年末にお互いに交換ボディートークセッションを行いました。私も実際に施術を受けて、おせち料理の準備や大掃除、年始はご挨拶周りに忙しい日々もスイスイと過ごすことができました。

年末の「自分の大掃除ボディートーク」おすすめします!今年の年末もギリギリまでセッションをやっていこう、とやる気満々です(^-^)

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


img_3572

こちらも薬師寺さんの門。飾りつけ、見習いたい〜

 

さて!

みなさま新年、いかがお過ごしでしょうか。

 

「1年の計は元旦にあり」

 

と言いますが、みなさま本年の目標などたてられましたか?私は、毎年たてております!元旦はいろいろと忙しいので(笑、ちょっと先延ばしして、立春(2/4)までにたてるようにしています。

 

この、目標をたてる行為ですが、結構好きなのですよね。なぜかというと、一年を振り返った時に、ほぼほぼ、その目標や願望が叶っていたりするからなのです(^-^)

年末の忘年会あたりから、近しい友人たちと会うたびに「来年の目標決めた??」とお伺いをたてるのも好きです(^-^) みんな意外とすらっと答えがくるので、きっとみなさん、そんなことをどこかで考えているのでしょうね。

 

img_3568

幸福おみくじ(^-^)

 

「目標」というとなんだか敷居が高くて、大変って感じに聞こえるかもしれませんが、「今年はこんな感じに過ごせたらいいなぁ〜」と思いを馳せるだけでもOKだと思います(^-^)

 

 

私の場合ですが、まず大きなテーマを決めます。一年のテーマを直感的に、ばくっと、思いつきのように、一言くらいで言い切っちゃいます(^-^)

私の今年の目標はずばり「多様性」です。英語でいうと「Diversity ダイバーシティ」。

 

いろんな人がいて、人それぞれ、みんな違ってそれでいい。いい、悪い、白、黒と判断せず、まずその違いを受け入れ、理解した上で、最終的には歩み寄り、調和していく。そこに生まれる調和や愛情などはあたたかいものなのだろうな、と。そんな思いで過ごせるようになるといいな、と昨年末あたりから思い始めました(^-^)

 

なので、私にとっての2017年のテーマは「多様性」です。そして、このテーマを元に、実行できるようなより細かい目標を立てます。例えば・・・

 

人の話をよく聞くこと(傾聴する)

自分の定規を当てはめようとしすぎないこと

謙虚であること

よく学ぶこと

丁寧な言葉を使う

自分に恥じない自分であること

 

などなど。

ブレイクダウンしていく訳です(^-^)

 

img_3544

打って変わって我が家のお玄関(^_^;) 質素ですが、鏡餅は毎年自家製です。

 

 

今年の目標をたて終えたら、なんとびっくりな情報をみつけました。

 

石井ゆかりさんの「筋トレ」です。ご存知の方も多いと思います(^-^)

いわゆる、星占いですが、石井さんの占いはちょっと変わっています。ご本人曰く「相変わらずわかりにくい、自分勝手な自己満足占い」とおっしゃってますが、かなり人気なサイトです。たくさんの著書もあります。石井さんのすごいな、と思うところは、その巧みな言葉遣い!

ちなみに私は双子座なのですが、世の中の全ての双子座の人にみんな違うシチュエーションで、きっと当てはまることなんだろうな、と連想させる不思議で、想像力を掻き立てる言い回し。ぼんやり思っていた気持ちは、こんな言葉になるんだ!と思わせてくれるのです。毎回読むたびに感心させられ、かれこれもう10年以上読んでいるサイトです。

そこに「年報」というのがあるのです。一年の空模様。今年の双子座は「コミュニケーション」「愛と創造」がテーマなんだそうです。そこにこんなフレーズがありました。

 

ー引用ー

「創造性」にも様々な定義があるはずですが、
少なくとも私は「正解のないところで、自分なりの答えを出すこと。そうして出した答えが正しいかどうかも、誰も教えてくれないようなこと」という意味合いで用いています。

 

愛に関すること、自分がしたいと思うことの世界ではもはや「正解」などはなく
常に自分で答えを出していくしかない。それが正しいかどうかはわからない
という道を歩き続けるしかありません。

 

 

ー引用終わりー

 

ここは、「まさにそれ!!」と私が思っていたテーマとぴったり合致して、とっても驚きました。 自分が思い描いていことが、星の動き的にも合致していて、なんとも安心したというか、ほっとした感じに思え、よし!このテーマで今年はいこう!と背中を押された感じになりました。

みなさまにも、なにか当てはまる言葉があるかもしれません(^-^) よかったら見てみてください。

 

img_3575

近所の大宮八幡宮へお参りに。御神水の守り神?亀さんと。

 

そして、ヨーガの世界でも、どんな自分でありたいのか、どう生きるのか、を自分で自分に宣言をする作業があります。ヨーガでは「サンカルパ」といいます。サンカルパとは、「なりたい自分になることを決心する」ことを言います。

 

「眠りのヨガ」とも言われる「ヨーガニドラー」の中でよく使われます。

ヨーガニドラーとは、深いリラクゼーションへと身体を導き、寝っころがり、ゆったりとシャバアーサナの状態を作ります。この深いリラクゼーションの中で、人の脳波は起きているとき(覚醒時)のシータ波と、安静時のアルファ波が交互に出る状態になるのだそうです。この状態での暗示、意識したこと、願ったことは、潜在意識に深く入るので、ヨーガニドラー練習時のサンカルパは必ず成就すると言われています。

 

深いリラクゼーションと心願成就が味わえる、ヨーガニドラ、今年度のヨガノワクラスでも取り入れていこうと思っています(^-^)

まずは、新年早々の1/7(土)の浜田山クラスから!お時間があればぜひいらしてくださいませ。 

ヨガノワ ヨガクラススケジュール

 

みなさまにとって、楽しく、豊かで、輝かしい1年になるようお祈りいたしております!

 

そうそう、私が「多様性」=「ダイバーシティ」についてやんわりと考えさせられた映画、「ズートピア」もオススメです(^-^) 主人公のうさぎのジュディ。私も卯年生まれなので、ここでも勝手に共感しちゃいました〜 (笑)

 

 

危篤の叔父とボディートーク

img_3335-copy-copy-copy

秋の伊勢 猿田彦神社

 

9月中旬に叔父が重度の心不全で倒れ、危篤状態でICUに入院している、と連絡がありました。
とにかくびっくりしたので、 慌てて遠隔でボディートークセッションを行うことにしたのです。

ボディートークは、クライアントが離れたところにいても「遠隔で」セッションもできるのです。「えーーー!」と思われる方もいらっしゃるとおもいますが(^-^) ボディートークでは、遠隔でも対面セッションでも効果は変わらない!としております。

ともあれ。

その時は、仕事があり直接病院に行くことができなかったので、すぐに遠隔で叔父に向けてボディートークセッションを開始しました。

 

「心臓と肝臓、腎臓を活性化し尿で毒素を排出すること、心臓の意識である「自己愛・他者への愛」という意識の活性化する」というセッション内容でした。

 

そしてその翌日、面会に駆けつけました。

その際には、叔父の意識はなく、7本もの点滴につながれており、むくみで顔がぱんぱんに膨れ上がっていました。主治医からは、

「非常に危険な状態で危篤です。心臓が自分で動かず、機械で動かしています。血液が全身に回りませんので、他臓器不全です。いくら利尿作用を促す薬をつかっても、尿が全く出ませんので、このような状況ですと十中八九、今夜がヤマとなります。夜間に病院から電話がいくかもしれませんので、覚悟をしておいてください」と。

 

驚きとショックで、胸が苦しくなりました。これから死を迎えるであろう人に対して、何ができるのかを考えたり、71歳まで独身できた叔父の半生を振り返ってみたり。

「今夜がヤマ」の後にくるであろう「その後」の準備をしなくては・・・と、ちゃんとした喪服をもっていなかった主人に慌てて喪服を買いにいってもらい、私も葬儀用の黒い靴を買いなおし、仕事のスケジュールを制限し、叔母は知人の葬儀屋さんに連絡し、そんなことが起きる可能性があるのでその時はよろしくと伝え・・・みんながそれぞれに「今夜がヤマ」の「その後」の準備をし始めたのです。

 

img_3357-copy-copy

伊勢神宮での新嘗祭の儀

ですが・・・。

その日の夜に電話は来ませんでした。・・・ということは?まだ生きているのね!

と翌日に病院に行ってみると、叔父は風前のともし火という感じでしたが、なんとか生きておりました。

 

「命は続いているものの、まだ予断は許せない状況です。いつ心臓が止まってもおかしくない状況です」と危篤を主張する主治医。

 

最初にやったボディートークセッションから3日後に、フォローアップセッションをもう一度行いました。

ボディートークでは、セッション終了時に「次のセッションはいつ頃がいいのか」をその方の身体に訊いていきます。大変な状況だから毎日ボディートークセッションをすればいい、というわけではないのです。心身に起こったシフト=変化や効果を身体に馴染ませる時間も必要なのです。その変化が一度落ち着いてから、ようやく次のセッションへ進めるのです。人により、フォローアップが翌日の場合もあれば、5日後、1週間後、4週間後、もしくはフォローアップしなくてOK、なんて方もいらっしゃいます。

叔父のフォローアップセッションは3日後とでたので、最初のセッションから3日後にフォローアップセッションを行いました。

そして・・・

透析すらできない状況だった腎臓は回復の兆しを示し、なんと尿が出始め、毒素を排出し始めた叔父はむくみが取れ始めたのです。

ICUに入院してから約1週間後には、重度の心不全であった心臓は自分で拍動を始めました。透析もできないくらい弱っていた腎臓は回復し、透析すら必要がないくらい復活しました。心臓を動かす機械を外し、7本あった点滴も1つずつ減っていき・・・

10日後にはICUから一般病棟へ移動し、みるみる回復した叔父は、約2ヶ月のリハビリを経て、先日、11月末に無事退院しました(^-^)

 

「えーーーーーー!!危篤って言ってたのはなんだったのー!!!」

と親族みんなが驚きました。笑

 

主治医や看護士さんと話す機会があり、

「危篤危篤と言われてきましたが、こんな復活劇ってよくありますかぁぁぁ?」

とちょっとしらじらしく聞いてみたところ(笑)

 

「あんな危篤状態から復活された方、初めてみました」と看護師さん。

「三途の川でいったら10回は往復していますね」と主治医。

 

私のこころは「ニヤリ」ですよー!!

 

(ほらほら、それってボディートークの効果じゃないの〜???)とは声には出しませんでしたが。きっとボディートークの効果もあると思います。

 

 

img_3346

伊勢神宮 五十鈴川

 

「ボディートークをやったので、命が助かった」と言いたいのではありません。

ボディートークのセッションをやったとしても、ご本人の潜在的な意識によっては、肉体を脱ぎ捨て新たなステージに上がっていくこと(=肉体の死)を助長してしまうこともあるのです。

叔父の場合は、潜在意識で「まだ生きたい!死ねないぞ!」と思っていたのでしょうね。そんな叔父の潜在意識とボディートークでの心身のバランス、そしてもちろん西洋医学が共鳴し、今回の復活劇になったのだと思います(^-^)

 

だって、叔父!

ICUで1週間くらい麻酔で眠っていたのですが、麻酔を抜いて覚醒した時の開口一番、看護師さんの山田さんをみて

 

「山田さん!結婚しよう!!!!」

 

と叫んだらしいのです(^_^;)

 

彼の中で「結婚していない」ということがこころ残りで、三途の川を戻ってきたのかもしれませんね!叔父、復活後の婚活に期待します 笑

 

余談ですが、どなたかの生死に関わるなど、胸がぎゅーっと苦しくなる経験をされたことはありますか。もちろん、ボディートークのセッションを受ける!のも絶対的にお勧めしますが、「そんな余裕ないわよー!」なんて時は、これ、レスキューレメディをお勧めします。

私の母は急死したのですが、死の前触れもなかったので、それはそれはびっくりでショックでした。そんな時に親友であるくらしのたのしみ店主の友人が「とりあえずこれを飲んで!」と宅急便で送ってくれました。ざわざわしていた気持ちが「すーーー」っと引いていくのが分かるくらいの効果でした。それ以来、何かショックで胸がぎゅーっとなるときに飲用していいます(^-^)

本来であれば、ぎゅーっとなんて、なりたくないですけどね(^_^;)

ふたたび岡山へ

 

img_0701

岡山でのダブルレインボー!

 

大好きな岡山県。

2014年に、岡山県からボディートークセッションを受けに来てくださったクライアントさまからお声がけいただき、2015年に初岡山上陸!岡山でのボディートークセッションをさせていただきました。

セッションを受けてくださったみなさまのその後も気になりつつ・・・一年が過ぎてしまいました。

 

そこで、2016年!岡山に再び上陸させていただきました〜!

・・・といっても、8月末の話で随分前の話で恐縮ですが(^_^;)

 

 

今回はちょっと長めで5日間の滞在で、最後の2日間でボディートーク&チャネリングのセッションをさせていただきました。夏休みも兼ねて、ということで、初めの3日間は、夫のセッションルームもお休みをいただいて、二人でプチ旅行を(^-^)

 

まずは、倉敷!

なんといっても、昨年時間がなくて行きそびれてしまった倉敷の大原美術館。今回はぜひに!と岡山空港から直接倉敷行きバスにのり、初日早々に制覇!

 

img_2851

じゃーん!重厚な門構え。

大原美術館は、昭和5年に設立された日本で最初の西洋美術の私設の美術館だそうです。岡山倉敷屈指の地主であり、実業家でもある大原孫三郎さんは「事業の利益は社会に還元するべし」と様々な社会事業に取り組まれたそうです。素晴らしい企業家精神!!

そして、同じく岡山県出身の画家、児島虎次郎さん。この二人、いわゆる画家とパトロンの関係にありますが、虎次郎さんの純粋な美術への思いと実直な人柄に惚れ込んだ孫三郎さんが、虎次郎さんをヨーロッパに派遣し、西洋の美術作品を収集させたそうです。画家とパトロンという関係を超えた友情と情熱、信頼関係によって、設立された美術館なのです(^-^)この美術館の魅力ですね♡

 

img_2852

窓枠も素敵。館内は撮影禁止ですが・・・作品は撮影していないということで(^_^;)

 

そうそう!大原美術館の入館券は、4つの館(本館/分館/工芸・東洋館/児島虎次郎記念館)各館に分かれていて、各館ごとに入場するとスタンプが押されます。再入館はできないのですが、なんと!

チケットに有効期限がありません!

なので、当日でなく別の日でも利用でるのです!何年後でも!(美術館の方に確認済みです 笑)

すごい!太っ腹〜。さすがは、大原孫三郎さん!

私も時間がなくて回りきれなかったので、また次回の訪問時に行く予定です(^-^)

 

 

img_2849 大原美術館を出たら目の前に、昇り龍的な雲が!なんとなく勝手に幸運を感じました(^-^)

 

img_2843   img_2842

岡山出身で東京のヨガクラスに通ってくださっている生徒さんから教えて頂いた岡山情報を元に、倉敷の素敵なカフェ三宅商店さんでカレーと白桃パフェを。

白桃は7月までが旬で、時期を逃したなぁと思っていましたが!白桃パフェでキャッチアップ(^-^) カレーも全て手作りの美味しいルーでした。

 

img_0643

倉敷美観地区の町並みはいいですよね〜。

 

倉敷地区でもう一つのオススメは、阿智神社。こじんまりしている神社ですが、とっても神聖な空気感の神社でした。

  img_2957

神社へと上がる88段の米寿坂。

img_2955

とっても気のいい境内。

img_2954

阿智神社 鶴形山からの倉敷の夕方。

 

3日目は、岡山の友人とも再会できました!去年の岡山訪問の際に、「池田動物園」で大喜びしたシュール好きな私を思い、友人が案内してくれたのが・・・

 

img_2875

「めだかの学校」(≧∇≦)

なかなかシュールでやっぱり岡山、大好きです!!

img_2877

園内の小川には、めだかやあめんぼう、小さいカエルなど、お水が綺麗でないと生息できない生物たちがたくさん(^-^)

img_2879  img_2878

小川沿いには、地元の陶芸家さんの作品で、可愛らしい仏像が展示されています。のんびりお散歩する楽しみにもなります(^-^)

 

 

img_0707

と、この帰り道にダブルレインボー!テンション上がりまくりでした(^-^) 

岡山の友人で、今回も車で岡山のいいところを案内してくださった友人の寛子さん

岡山県でカラーセラピーのお仕事をなさっています。数秘術とカラーを織り交ぜたオリジナルのセラピーです。今回私も、夫と一緒に彼女のセッションを受けましが、とっても面白かったです(^-^)すごーく簡単に説明させていただくとすると、数秘によって自分の魂の癖と今後の方向性を知り、カラーの力によってそれを助長する、といった能動的なセラピーです。興味ある方はぜひ!

 

さてさて!本題のボディートークのお仕事はといいますと!

今回はこんな素敵なサロンをお借りして、2日間セッションをさせていただきました。

アロマサロンリモーネさん。

img_2945 img_2946

素敵な外観&内装で、駐車場も無料!

「ここがいい!」と即決で、レンタルサロンとして2日間お借りしました。

img_2947

セッションルームも施術ベット完備!落ち着く空間でした。

ご縁をいただきセッションを受けに来てくださったみなさま、ありがとうございました。

これは私個人のモットーでもあり、私のセッションルーム HealthHut(ヘルスハット)の企業理念みたいなものですが、

「より自分らしく、健康に、楽しく、生きていくことを楽しめる自分になる!」

 

このために、今回セッションを受けてくださったみなさまにとって、ボディートークやチャネリングが少しでもお役に立てていればいいな、と思っています(^-^)

近隣とはいえ、広島から、そして、海を越えて香川県からもお越しくださったみなさま、ありがとうございました!きっとまた岡山でセッションをさせていただくと思います!またその時までどうぞお元気でお過ごしくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

 

P.S.

岡山のもう一人の友人を訪ねて、津山市まで小旅行にいったりとか、素敵なシンクロがおきたカフェシュルプリーズのオーナーとの出会い、ひょんなつながりから岡山県久米南町での地域振興会などに参加させていただいた話などもあり、書き足りないのですが!長くなってしまったので、またの機会にします(^_^;)長ーいブログに、お付き合いいただきありがとうございました!

 

img_0681 また読んでね〜♡

(めだかの学校のお魚。やっぱりちょっとシュールです?!)

 

 

ジョン先生のセッション

IMG_2152 (1)

お久しぶりにお会いしたボディートーク創始者、ジョン先生と。

 

3/4〜3/6と、ボディートーク創始者のジョン先生の「Energetics」エナジェテッィクスの講座、そして、3/6〜3/7に行われたジョン先生の手技を見ながら勉強を深める「セッションワークショップ」に参加してきました。

 

今回の目玉は・・・

初めて!ボディートーク創始者のジョン先生のセッションを受ける!こと(^-^)

海外からボディートークの上級の先生がいらっしゃっり、そのセッションを見ながら勉強するセッションワークショップでは、いつも参加者からセッション希望者を募り、みんなの前で公開セッションをするのです(生贄といつもジョン先生は言いますが 笑)みなはその様子を見ながら新しい知識や手技を学びます。もちろんセッション料金はお支払いしますが、上級の先生のセッションを受けられるめったにないチャンスで、応募はいつも殺到。大概は抽選になります。

 

ジョン先生も今まで2回来日されていて、今までもセッションを受けるチャンスがあったのですが、その時はなぜか「今、必要ではないかも」という気持ちにかられ申し込みすらしていなかったのです。

 

ですが今回は・・・

「私、今、絶対必要!」

 

という直感に従い申し込み、そして抽選も突破!セッションを受けられることになりました(^-^) 勝率100% 笑

セッションにあたり、「課題」を聞かれます。こうしてほしいこと、こうなりたいことなどを先生に伝えます。身体的なこと、そして気持ち的なこと、なんでもオッケー!

 

私の課題は、

 

「昨年受けた子宮筋腫の開腹手術の術後ケアと今後の妊活に関して」 

 

とお願いしました。

筋腫はとって体は整えたものの、ちゃんと妊娠できるのだろうか(年齢的にも!)・・・という不安は拭えず、ボディートークに頼りました。ボディートーク、妊娠に関しての症例はたくさんありまして。ボディートーカー自身、そして、セッションを受けた方の奥さまが数ヶ月後に妊娠した!なんて症例も多々あり。

 

ここは神頼み・・・ではなくてボディートーク頼み!ということで、またもや人体実験パート2ですね(^_^;)

 

 

IMG_2156 (1)

会場は100名を越す人で賑わっていました。

ジョン先生のセッションは、通常のボディートークセッションとちょっと違います。

なぜなら、通常私のような一般のボディートーク施術士がリンクを探し、トントンとやるような基本セッションは、セッションベッドに上がった時にはすでに流れてしまうそうでして(^_^;) なので、ジョン先生のセッションは、いきなり「課題」にはいっていきます。

 

ベッドに上がり、ジョン先生が私のお腹、開腹手術の傷後部分の腹部に手を当てます。もうその時点でお腹が

 

「ぐるるるる」

 

となり始めました。ボディートークセッションを受けたことがある方は、体験していらっしゃると思いますが、エネルギーが流れている反応として、お腹が鳴るのです。特にお腹が空いている訳ではないのですが。この音を聞くと施術士は「お、ちゃんと反応してくれてるな」というサインになるのです(^-^)

 

その後も、セッション中私のお腹がはなり続けていました。

まず、傷口に関しては、ジョン先生は「表面の傷の状態はいいね!ただ、内部(腹膜)の傷口に少し癒着があるので、まずそれを解放します」と。

 

術後、かなりのケアをしてきましたので、表面の傷の状態はいい!と聞きほっとしました(^-^) ボディートークのセッションはもちろん、ボディートーク仲間であり鍼灸の先生である方から鍼の施術をうけたり、ボディートーカーであり、鍼灸師、アスレチックトレーナーである夫から、術後のケアとして、鍼と運動指導のリハビリを受けましたので。

IMG_2044

いつも頭部に鍼をさされていました。

 

IMG_2060

こんな角度まで上がれるようになるまで、1ヶ月くらいはかかりました。

 

IMG_2056

腹筋に力が入りずらく、仰向けのでの複式呼吸の練習をたくさんさせられました。リハビリの動きは地味・・・です(汗) がこれが大切!

余談ですが、夫はアメリカでアスレチックトレーナーの国家資格を取り、現在もティップネス丸の内スタイルでトレーナーをしておりますが、自宅でもセッションを開始しました。特にリハビリを得意としていて、今までに延べ5000人以上の症例をとってきました。特に腰痛・股関節・膝痛でお困りの方はお勧めします!

ご興味あるかたは、「サットバ」佐藤海人のサイトを見てみてください(^-^)

 

 

さて。

ジョン先生のセッションは続き、筋腫のフォローアップへ。筋腫は「マイクロパラサイト」という細胞内寄生体がコロニー(巣)を作り、それが筋腫の元凶となるそうなのです。私の場合は、筋腫を切りとったことで、マイクロパラサイトはほぼ取り除かれているそうですが、少し残っていたものを除去してもらいました。それが残っているとまた次の筋腫を生み出してしまうそうなのです。これで再発防止なりましたので一安心(^-^)

 

「卵管は通っているのでいいよ」、と。けれども、右の卵巣に炎症があるので、右の卵巣からの排卵がうまくいっていないので、妊娠可能な卵子は左側からのだけになり、妊娠の可能性は2ヶ月に1回になる、とのこと。そして、その炎症を鎮めるね、とセッションは続き・・・

 

最後は、脳下垂体の調整でした。脳下垂体はホルモン分泌の親玉で、とくに排卵に関しては「黄体形成ホルモン」を分泌し、排卵を促します。私の脳下垂体は、腹部に筋腫があることにより「体が整っていない」と判断し、黄体形成ホルモンの分泌が滞っていたそうなのです。そこで、おでこをぐぐぐっと押され、ここのバランスをとってもらいました。

 

そうしたら・・・

 

ゾワゾワゾワ

 

と体の後ろ側にまるで水、というか蛇が通って行くように、じんわりした震えが走り、鳥肌がたちました。それが頭頂部から足まで抜けきったところで、セッション終了です。

セッション後身体のシフト(変化)は人それぞれ。身体が震えても震えを感じなくても大丈夫。エネルギーが流れていることには変わりありません。が、今回はしびれましたねー。さすがはボディートーク創始者ジョン先生です。

 

セッションの翌日、3日ぶりにヨガの練習をしました。ずっと座りっぱなしの4日間の講座の後だったにもかかわらず、身体がぐーーーんと伸び、可動域が異様に高くなっていてびっくりしました!副産物ですね(^-^)

 

 

肝心の妊活に関しては、まだ観察中です。でも、実験結果はまたご連絡しますね。同じような症状や状況を抱えていらっしゃる方の何かの参考になれば・・・と思います(^-^)

 

ちなみに、ジョン先生。

ブラジルで心臓移植待ちのリストのトップにいる方々に、心臓外科医の前でボディートークのセッションをし、心臓にあった穴を修復し、移植がいらないまで回復させてしまったそうです。そして、そのミラクルに賞賛したブラジルの方々は、ジョン先生のことを「John of GOD」ジョン神様!と呼んでいるそうです。

ブラジルのお医者さんはシャーマンの家系の方が多く、こういった代替医療やエネルギーワークの施術に関して、とっても好意的だそうで、ブラジルの医療従事者がボディートークを習い始めているそうです!ボディートークの位置付けも変わってくるかもしれませんね(^-^)

 

初めての入院

IMG_1547

こんな夕焼けが見える病室に入院しました。

 

メールやホームページのお知らせ欄でご連絡しましたが、本日から2週間お休みをいただくことになりました。ボディートーク、チャネリングのご予約でご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

一部の方にはメールでお知らせいたしましたが、「身体のメンテナンス」としてお休みをいただく旨お伝えしました。

 

みなさまにご心配をおかけしております。

また、「どこか行くんです?(インドとか?)」と聞かれまして 笑

『インドに行って、2週間のアーユルヴェーダのパンチャカルマでデトックスしてきます!』

 

と言いたいところなのですが(^_^;)

 

デトックスはデトックスなのですが。

 

実は子宮筋腫の手術を受けることになり、本日より入院しております。そして、明日には手術になります。

 

おそらく1週間から10日の入院になりそうです。ですので、2週間の9/28の週からは、ご予約の受付を開始したいと思っております。しばらくの間ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくご了承お願いいたします。

 

今回の手術。

子宮筋腫にもいろんなタイプがあるそうで、私の場合は幸運にも、全く症状がでないケースです。痛みも出血も、月経中の変化も何もありません。ただ、筋腫が成長してくると、お腹がぽこっと出っ張ってくるくらいなのです。痛みも何もない状態なのですが、ちょっと大きくなり、お腹の上からでも感じらるくらいのサイズになってしまったので、MRI検査を受けるため、大きな病院にいきました。そして、ドクターからは、

 

「はい、切りましょう!」

 

とあっさり言われ(^_^;)

 

「ちょちょちょ、ちょっと待ってください〜」

 

と、病院から逃げ帰ってきてしまいました。(そして、病院を変えました 笑)

 

日頃、ボディートークの施術をさせていただいている身として、みなさまの本当に素晴らしく、たくましい「自然治癒力」を目の当たりにさせていただいている身として!

なんとしても、ボディートークで、そして自然療法で切らずに治したい!

と思い、3年に渡りいろいろな自然療法を試してきました。

 

例を挙げてみると・・・

 

ボディートーク (→もちろん!絶対的な信頼を置いておりますので(^-^)

絹の冷えとり靴下&腹巻 (親友であり自然療法に詳しい、くらしのたのしみオーナーより冷えが良くないと聞き)

食事療法(→玄米に変え、お肉を食べないこと3年。コーヒーをやめ、甘いものを止めてみた時も)

ヘナシャンプーに変え、ヘアカラーをやめてコンディショナーを使わない(→経皮毒、特に頭皮と子宮の関係を)

チャネリングやヒーリング(→婦人科系の疾患は母性との関係性の関わりがあると聞き)

ひまし油湿布(→エドガー・ケイシーのひまし油で筋腫がなくなったと聞き)

断食(→腸内のクリアリングで体質改善できると聞いて。友永ヨーガ学院の断食コース

アーユルヴェーダ(→インド5000年の歴史!代謝を上げ、筋腫を小さくするハーブを摂取)

鍼灸(→夫が鍼灸師の資格をとり、中医学に基づき体質を見極め施術を受ける)

よもぎ蒸し(→友人がサロンをやっていて「アーブズ」婦人科系に効くよ!と勧められ)

と、まぁ、いろんな方からのアドバイスをいただき、自分なりに調べ、納得のいくものを試してまいりました。それこそ、ふと気づけば、「西洋医学」以外はほとんど手をつけたんじゃないかしら(^_^;)

 

もちろん、ボディートークやその他の療法で、筋腫が小さくなりました!なんて症例はたくさんありますし、本当にそんなこともあるのだと思います。現に私のボディートークのクライアントさまでも、筋腫が2㎝以上小さくなった、なんて方も複数名いらっしゃいます(^-^)

 

ですが、今回の私の場合。小さくならなかったのですね。

そして、今回の入院&手術に至ります。初めての入院、そして手術でドキドキして夜を迎えています。

 

Ganesha

障害を取り除いてくれるインドの神様、ガネーシャの置物にもきてもらいました。神頼み・・・笑

 

でも!

こうなったら、もう人体実験だ!

 

と、術前、術中、術後にボディートークをしてもらい、その変化や回復のスピードを身をもって体験してきちゃおうと思っています(^-^)

 

ボディートークは、ただ痛みや症状を軽減するだけではなく、もし西洋医学が必要であれば、その施術のお手伝いもできるのです。例えば、手術前の精神状態を落ち着かせたり、術後の癒着を解消したり、担当してくださるドクターたちとうまく意思疎通がとれるように、など。

アメリカでは、こんなたくさんのケースでボディートークが活用されています。

和訳したものがあるので、興味がある方はこちらからご覧になってくださいませ(^-^)

 

ということで!

また術後の経過をブログでご連絡できればと思っています。もし同じような境遇の方がいらっしゃれば、少しでも励みになるといいな、と思っています(^-^)

 

実はもう、私の尊敬する、ボディートークの上級インストラクターであるシルビア先生に、ボディートークのパフォーマンスセッションをしてもらっているです(^-^) パフォーマンスセッションとは、ある出来事に対して(私の場合は手術ですが、試験や試合、プレゼンや発表会などなんでも!)その時にベストなコンディションで臨めるように、先付けのセッションができるのです。

 

今回の私へのパフォーマンスセッションは、手術の24時間前から始まり(もうエネルギーがながれているはずですね!)手術前の始めの麻酔がかかった時から発動するもの、手術中のドクター達に対するセッション、術後目覚めてから発動するセッション、という具合に時間を区切ってエネルギーが流れるようにセッティングしてもらっています。

とっても心強いし、どう感じるのか、どうなるのか、楽しみでもあります(^-^)

 

それでは、また!術後にご連絡しますね。

憧れの岡山県へ

image

飛行機から見た岡山の土地。地盤が固く守られている印象。

 

素敵なご縁とベストなタイミングが重なり、岡山県に行ってきました。

岡山県って私の中ではかなり「アツイ」土地でして、ずっと惹かれていて「いつか行ってみたいなぁ」と。そして、願いは叶うのですよねー。

なぜ惹かれていたのかというと・・・

岡山県出身の方が周りに多かったり、シヴァナンダヨガのトレーニングコースが国内で初めて行われたのが岡山県だったり、岡山産の大きな(それこそ本当に桃太郎がでできそうな)、今まで食べたことのないくらいジューシーで美味しい「白桃」をいただく機会があったり。

 

なんといっても全く行ったことのないところ!

 

だったのです。

新しい土地ってワクワクしますよね。「観光」というものは、旅にでて、新しい「光」を「観る」ことなんだそうです(^-^) 新しい土地で、新しい物の見方、考え方を持つこと、それが「観光」なんだそうです。

 

このアイディア、とっても素敵じゃないですか!

 

ということで、岡山でできるだけたくさんのことをしたい!と欲張り岡山観光にいってきました。

 

せっかく行くのだから、と市内の公民館の素敵な和室で、1日出張ボディートーク&チャネリングセッションをさせて頂きました。岡山からわざわざボディートークのセッションを受けに来てくださったクライアントさん方の口コミで、たくさんの方にお越しいただきました!ありがとうございました。

image

公民館のお茶室。こんな素敵な和室でした。

 

セッション合間、お昼に少し時間があったので、どこか「観光」できるところはないかな、と調べたところ、公民館のすぐ裏に動物園があることが判明!

 

「よーし、アニマルボディートークをしにいこう!」

とすぐ行動に!

 

image

池田動物園

シュールです 笑。でも、嫌いじゃな〜い!(むしろ好き)

 

動物園にくると、必ずボディートークセッションをやらせてもらっています。ボディートークは、ペットはもちろん、動物園の動物たちにもセッションできるのです(^-^) 

今回のお目当は、ホワイトライオン!

 

 

  ライオン  絶食

 ・・・ですが、ライオン、断食中にてやる気ゼロ。ずーっと寝ています。笑

と、ふと通りかかったツキノワグマが、自分の膝や足を噛んで、息も荒く転がりまくり…と怪しい動きをしているのが気になり、

 

「今回はライオンじゃなくて、このクマだな」

 

と直観に従い、クマに許可をとってから、アニマルボディートークのセッションを開始。

セッションは、脊椎と心臓のヴィヴァックスといって軸を取り直すこと。というワンリンクだけの短いものでした。檻の外からクマを意識してタッピングを始めてしばらくしたら・・・。

転がりまくっていたクマの動きがピタリと止まり、遊び道具のタイヤに子猫ちゃんのようにスリスリしはじめ、檻の中のプールに浸かり、気持ち良さそうな顔でふぁ〜と大きなあくびを3回。

これでセッション終了。

動物は、ボディートークのエネルギーで身体が変化し、その影響であくびやおしっこ、糞などをします。不要なものを手放しているのでしょうね。そんなサインは、施術士側からすると、ちゃんと反応してくれてるな、という判断になります(^-^)そして、動物は本当に反応が早い!アニマルボディートークは、何回やってもいつも感動的です。

アニマルボディートークもしたし、記念に写真を・・・と思ったら、このツキノワグマさん、撮影は拒否。プイっとそっぽを向かれてしまいました(^_^;) セッション後は、人も動物も同じ。ゆっくりしたいのでしょうね。

池田動物園、珍しい動物も多く、動物との距離が近い!お近くに行かれた先はぜひ。

 

さて、人間さまとクマさんのセッションを終え、岡山1日目の夜は、岡山県のボディートーカー友人と再会!岡山の地元の食材を使ったお店に連れて行って頂き、地元のお料理、地酒までしっかり頂き、ボディートークについてたくさん語り合いました。全国各地にボディートークの友人達がいてくれるのは、嬉しいものですね。

ままかり

手前のお魚は「ままかり」。岡山特産です。「まんま(ごはん)」を食べ尽くしちゃって、お隣の家に「かり」に行くらい 美味しいという意味で「ままかり」だそうです。シメサバみたいなお味で美味しかったです。

 

 

岡山2日目は、友人たちと合流し湯郷(ゆのごう)という温泉街に移動して温泉を満喫!

こちらはシヴァナンダヨガのティーチャートレーニングが行われたお宿「かつらぎ」さん。天皇陛下も皇太子時代に宿泊されたことのある由緒ある古い旅館をモダンに改装されたお宿です。

かつらぎ

 

今回たまたまこのお宿で行われたいたヨガのイベントにも参加し、美味しいヨギランチ(動物性のものを使わないお食事)も頂き、夜は、ホタル狩りへ。

 

image

開放的なスタジオでのヨガクラス。 先生は私と同じくインドのシヴァナンダヨガアシュラムでヨガを学ばれた方。

image

グリンピースと生姜ごはんに、車麩の唐揚げ、美味しかった〜!

 

image

ホタル!

翌日は、高知に移住した友人と倉敷で待ち合わせ倉敷観光へ。

高知から倉敷、遠いのでは?と思いきや、地図で調べると約2時間くらい、とでます。意外と近いのですね(^-^)

倉敷は白壁で有名な城下町。ちょうど結婚式をされている方に出会いました。とっても素敵で、風情があります。

    倉敷   倉敷結婚式

 

image  「土」な感じが素敵な備前焼の蕎麦猪口もゲット!

 

たくさんの出会いと、びっくりするくらいのシンクロが数々起きた岡山「観光」でした。一度食べただけで大ファンになった白桃ですが、こちらは7月がシーズンだそうで、今回は食べられませんでした。これだけが残念!また行くしかないですね(^-^)

image

 

最後に、この岡山旅行のきっかけを作ってくださった岡山の友人たちに感謝します!

おかげで素敵な旅になりました。どうもありがとう( ´ ▽ ` )ノ