タパスタパス!

お写経+YOGAの茶話会の様子。語ってます・・・語らせてください!(笑)

 

10月に入りました!みなさまいかがお過ごしですか(^-^) 今年もあと3ヶ月です。1年は本当に早いですね・・・(^_^;)

 

今年から、毎月開催させていただいている薬師寺さんでのお写経+YOGAも、年内あと2回になりました。(11月はスケジュールの関係でキャンセルです)

 

10/8(日) 9:30〜13:30   

12/3(日) 9:30〜13:30 

ご都合がつけばぜひいらしてください!

 

せっかく毎月やってるのだから、と忘備録的に毎回の様子を掲載しております(^-^)こちらからご覧いただけますので、よかったら覗いてみてください!

 

  

お抹茶・チャイ・お干菓子・毎回の変わるお楽しみ手作りおかし!をご用意しております。ヨガのあと、腹ごしらえしてお写経に臨めます(^-^)

 

今年の新しい試みとして、毎回お写経+YOGAの茶話会として、ヨーガのお話をさせていただいております。前回9/3の茶話会のお題は・・・

 

「タパス」

 

なんだか美味しそうな感じもしますが(^-^) サンスクリット語で「Tapas」といい、こうしたほうがよりよく過ごせるよ、というヨーガの教え「ニヤマ」のうちの一つの教えです。

 

私が日本で一番最初にシヴァナンダヨガを教えてもらったHIKARU先生。現在は、アンダーザライト(UTL)というヨガスタジオで教えていらっしゃいますが、6-7年くらい前までは、代々木の公民館で毎週シヴァナンダヨガのクラスを開催されていて、友人たちと毎週のように通って練習していました。

 

シヴァナンダヨガはおそらく、世界で一番大きなヨガの組織で、世界各国にアシュラムという宿泊型のヨガ研修施設やヨガセンターがあり、ヨガのインストラクター育成に留まらず、ヨガの思想をもって、世界のリーダーとなれるような人材の育成に力を入れています。

HIKARU先生は、スペインでシヴァナンダヨガの研修を取られたようで、スペインでの研修中にこの「タパス」の講義になったら・・・

スペインの受講生が「わーい!タパスタパス♪」となったそうなのです。スペイン語で「タパス」は、ワインに合うような「おつまみ」を表すそうなのです(^-^)

その一方、ヨガで使うサンスクリットでの「タパス」は、「燃やすこと・苦行・困難に立ち向かうこと」なんて訳されたりもします。おつまみ・・・とは全く違いますね(^_^;)

 

この話がとっても印象に残っていたので、お写経+YOGAでの茶話会でも、

 

『パスタ屋さんの「タパスタパス」じゃないですよ〜』

 

とお伝えしたら、これが逆に印象に残って、みなさん覚えて帰ってくださったようです(^-^)  

 

タパスとは、燃やす・熱で消費するという意味の「タプ」という語源からきています。
簡単にいうと、心、体、感覚を浄化するための自己訓練のことを示します。
人生において、「燃え尽きるほど努力すること」。それは、自己規律を続けている厳しさも含んでいて、どんなことにも、チャレンジし、前向きに考え、実行していくための建設的努力のことをタパスといいます。

 

じゃぁ、どんな風に、どんな努力すればいいの?と思いますね。

 

実践すべきタパスには3つの種類があります。

「へー、3つだけ実践すればいいのか」と思いますが・・・この3つ、なかなか手ごわいのです(^_^;)

 

1. 身体に関するタパスの実践  → 不殺生・貞節を守る・礼拝・清潔・率直・不殺生
2. 言葉に関するタパスの実践  → 言葉で他人を傷つけないように・悪口を言わない・真実を語る
3. 心に関するタパスの実践   → 喜びに面しても、悲しみに面しても心が平静で安定していること
平穏・親切・自己制御・純真であること

 

読まれてお気づきの方もいらっしゃると思いますが、仏教でいう「悪業(あくごう)」と同じですアイディアです(^-^)仏教では、「身業」「口業」「意業」などといいますね。殺さない・盗まない・淫らではない。「口業」は、嘘偽り・でまかせ・悪口・二枚舌を使わないこと。「意業」欲しがる・怒り妬む・自分を特別と思わないこと。

 

話は少し飛びますが、仏教のこんな教えを法話という形でお寺で聞くことができます(^-^)私は毎月第4土曜日11:00〜13:00 に五反田薬師寺さんで行なわれている、「東京行基さんの会」に参加しています。無料です!お抹茶もいただけます(笑) ちなみに、次回は10/28(土)です。

薬師寺さんの元管主であり、現在は薬師寺の長老であり、喜光寺さんという奈良薬師寺さんの兄弟のようなお寺の住職でもあられ、さらにさらに!お写経+YOGAではお世話になっている山田さんのお父様にあたる山田法胤さんによる法話です。

 

もう時期は終わってしまいましたが、喜光寺さんは蓮の花でも有名です(^-^)

 

山田長老さまの法話、めちゃめちゃ面白いのです!

 

難しい仏教の教えを面白可笑しく、明快に説明してくださいます。いつも会場には、100人近くの老若男女が集まります(^-^) 

さらに特典があって、山田長老の法話の前に30分だけ、日本橋清洲クリニックの佐藤先生からの「免疫学」のお話が聞けるのです!無料です(笑) 

佐藤先生は、もちろん西洋医学のドクターでいらっしゃいますが、動物学や免疫学の観点も踏まえ、これからの「予防医療」に関して、私たちが本来持っている治癒力やからだの仕組み、病気が発生する仕組みをお話くださいます。ボディートークをやっている私にとっては、西洋医学のドクターから自然治癒力のお話を聞けると、

 

「ひゃっほ〜!!!そうそう!それー!!!」

「やっぱりそうよね!!!」

と同意をもらったようで、喜びが爆発します(^-^)

 

ということで、山田長老が「心の免疫」を、佐藤先生が「体の免疫」のお話をしてくださいます。とっても素敵な会なので、ぜひ一度お時間を作ってご参加ください!

 

あ、それと、この毎月第4土曜日の薬師寺さんでの「東京行基さんの会」だけの特典で、奈良喜光寺さんの「いろは写経」なるお写経もできます。こちらは2,000円のお納めが必要です。般若心経以外のお写経も新鮮です!よかったらぜひ(^-^)

 

昨年夏に訪問した喜光寺さんの「いろは写経」。ひらがながなかなか難しいのです・・・通常は、奈良の喜光寺に行かないとこのお写経はできませんが、毎月第4土曜日の「東京行基さんの会」の時だけ、東京の薬師寺さんでもお写経ができます!

 

ということで、仏教でも、ヨガの教えでも謳っている「タパス」。

人や物、動物植物、環境を傷つけず、噂や悪口を言わず、人にも自分にも正直であり、怒らず、妬まず、ひねくれず、どんな状況や環境でも心を安定して保てるように、燃えるような努力をし続けること。タパスの実践、とっても難しいです。でも!実践する努力をしていきたいですね。

 

・・・と自分にも言い聞かせています(^_^;)

 

スワミシヴァナンダ(1887年〜1963年)という現在のシヴァナンダヨガの大元になるヨガの教えを広めた聖者の言葉で、すごく端的に、私たちにヨーガのアドバイスをくださった言葉があります。ぜひご紹介させてください!

 

Serve, Love, Give, Purify, Meditate, Realize

奉仕しなさい、愛しなさい、与えなさい、自分を浄化しなさい、瞑想しなさい、そして悟りなさい

 

Be good,  Do good, Be Kind, Be compassionate 

よくありなさい、よい行いをしなさい、親切にしなさい、こころ優しくありなさい

 

Adapt , Adjust, Accommodate, 

順応し、適応し、適合しなさい

 

Bear insult, Bear injury, Highest Sadhana

侮辱に耐えなさい、中傷に耐えなさい、それが最高の修行です

 

Bear insult, Bear injury, Highest Yoga

侮辱に耐えなさい、中傷に耐えなさい、それが最高のヨーガ(の実践)です

 

と言っています。スワミシヴァナンダは、多忙な生涯の中で、200冊を超える本を書き、ヨーガの教えを現代の私たちへも伝えてくれています。聖者の言葉は簡潔で、響きますね(^-^)

と、こんなお話をお写経+YOGAでしております!

前回の「タパス」のお話、茶話会での資料も添付してみますので、もしご興味あれば、ご覧になってみてください!

ということで、ご興味あれば、お写経+YOGA、そして、薬師寺さんでの法話会などお出かけくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

そうそう!10/9(月)は五反田薬師寺さんでの観月会です。野点でお抹茶もいただけます!私も参加予定です!みなさまもぜひ〜。

あんなことこんなこと

ふっと気付けばもう8月ですね。

 

私はどこに行っていたのだろうか(^_^;)

というくらいお久しぶりの更新で大変恐縮です・・・。みなさまはお元気でお過ごしですか?

もちろんワタクシも元気でございます!

 

この半年間、何をしていたのだろう??と、撮りためていた写真たちを辿りながら、自分の今年上半期の振り返ってみたら・・・

 

「そうそう!こんなことも、あんなことも、あったあった!(ブログに書こーっと♪)」

 

と、いろいろとブログ用に写真は撮っておりました 笑 

「やる気はあったけど、アウトプットできてなかったんだなぁ、自分」と反省しました(^_^;)

 

ということで、上半期キャッチアップ!という程度に覗いてみていただけると嬉しいです(^-^)

 

 

まず・・・

 

 

 

髪の毛を切りました。35cm!

そして、寄付しました!(ちょっと生々しい写真でごめんなさい!)

 

ジャパンヘアドネーション&チャリティー

かれこれ3年近く伸ばしていたのは、こちらに寄付するためだったのです。髪の毛をなくした方へ、人毛を使った自然なウィッグを作るチャリティー団体です。

 

パーマしていても、カラーしていても、白髪でも、31cm以上あれば寄付できます。私も、何回も切りたい衝動に駆られてはしのぎ・・・やっと35cmくらいとれそうになったので、断髪式(^-^)

 

こちらの団体に所属していない美容院でも大丈夫。髪の毛を束ねて送って欲しいそうで、切り方の手順書があります。私は行きつけの美容院で、この手順書通りにカットをお願いしました(^-^)

美容師さんにとっては少し面倒かもしれないので、(6束くらいに分けてから切り、最後にひとまとめにします)もし寄付される場合は、事前に美容師さんに相談してくださいね。

 

カットしたら捨ててしまう髪の毛。

でも、もしそれを必要としている方がいるのであれば、再利用してもらいたいですよね。

髪の毛長い方はぜひ!そして、髪の毛は寄付できないけど、何かしたいわ!という方は、寄付金という形でも受け付けているようです。ご興味あればこちらからみてみてください。

 

それから・・・

 

 

春から初夏にかけて、いろいろ漬けました(^-^)

毎年恒例の我が家のオーガニックビワを種ごとはちみつ漬けに。1年間漬け込みますので、来年の夏までお預けです〜。(・・・でも去年が出来上がる頃なので大丈夫!)

今年は大豊作!農家さんみたい・・・と言われました(^_^;)ちょうど食べごろになるとカラスが寄ってきたので、慌てて収穫しました。

 

そして、ビワの葉はザク切りにして焼酎漬けに。

我が家のバイブル、東城百合子先生の「自然療法」の本では、ビワは葉も実も種も、捨てるところがないくらい有益な木で、ビワの木があれば病気知らず!なんて言われるくらいです(^-^) 

ビワの葉の焼酎漬けは、虫刺されややけど、歯の痛みなどにも効果があります!そして、おちょこ一杯くらいを飲めば、胃腸の調整剤にもなるすぐれものです。

 

 

6月は梅の季節でした。

 

こちらも毎年恒例で、「くらしのたのしみ」さんが特別に取り寄せて販売してくださる、無農薬栽培で有名な和歌山県「龍神梅」さんの青梅を使っています(^-^)

和歌山からの直送です。箱を開けた瞬間に「ふわぁ〜」と広がる梅の香り。最高です!

きび砂糖と黒糖をまぜて少しコクのある梅ジュースを目指します(^-^)

 

 

とっても大きな国産無農薬レモンを頂きました!

余すところなく食べたいなぁ、と欲張ってはちみつ漬けにしました(^-^)レモンジュースに!

 

 

と、自家製なものにこだわるのがマイブームです。今年から本格的にベランダ農園もやってます!

 

   朝の収穫。

トマト・バジル・ルッコラ・モロヘイヤ・ラディッシュ・クレソン・ワサビ菜・ベビーリーフ・オクラ・ミント・大葉・ブロッコリー と次から次へと植えています!

 

大量に採れたバジルは、パイナップルと一緒にミックスして、お砂糖とゼラチンを加えて冷凍庫で固めると・・・バジルパイナップルシャーベット!さっぱりとして美味です。

 

 

そして、そんな家庭菜園や自家製にハマっている折に観た映画「人生フルーツ」。

もう、ご覧になりましたか?

 

「風が吹けば 枯葉が落ちる。

枯葉が落ちれば 土が肥える。

土が肥えれば 果実が実る。

こつこつ、ゆっくり

人生、フルーツ。」

樹木希林さんのナレーションで、こんな出だしから始まります。

もうこの時点でぐぐぐっと引き寄せられますね(^-^)

そして、

 

 

「むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。」

 

という、偉大な建築家アントニン・レーモンドの言葉を象徴するような、木造平屋、ダイニングの大きな窓からは、お庭の雑木林や畑が望める素敵なお宅で、70種の野菜と50種の果実を育てながら暮らしていらっしゃる、津端さんご夫妻のお話です。お二人合わせて177歳!というのにも驚きです。

 

 

丁寧な暮らしってこういうことなんだ、歳を重ねて「だんだん美しくなる暮らし」。

こんな風に生きたい!と思いました(^-^) 

津端さんの本「ときをためる暮らし」という本も気になります。

津端さん宅では、生ゴミや枯葉をお庭のコンポストで半年間寝かせて、土を作っているそうです。でも、なかなか都会の暮らしではコンポスト自体が置けませんよね。我が家も生ゴミの処理を考えて、こちらを購入して土と堆肥を作っています!

じゃん!

生ゴミ処理機!

こちらは、パナソニック製の生ゴミ処理機で、生ゴミを乾燥させ、そのまま肥料として使えるというソフト乾燥なる機能も付いています(^-^)

 

こんな感じで生ゴミを貯めておき・・・

 

 

機械に入れてスイッチオン!3時間くらいでパリパリに乾燥します。

もちろん、堆肥として使わなくても大丈夫。乾燥させてから捨てると生ゴミの量がぐぐぐっと減ります。そして、特に夏場の生ゴミの嫌なニオイも解消!次のゴミの日まで生ゴミのニオイを我慢しなくてOKです!

ただ、この製品、少しお高いのです・・・。

でも!

自治体からの助成金があるのです!コンポストやこのような生ゴミ処理機の設置・購入にあたり「購入助成金」がでる自治体もあります。我が杉並区では、製品代金50,000円以上で、最大20,000円の助成金がでました。大きいですよね(^-^) 

ということで、悩んだ末に購入決定。重宝しています。

この乾燥したゴミを土に混ぜて、しばらく放置しておくと・・・土ができます!食べた残りのゴミを土にして、またベランダ菜園で、食べ物を作る!

ささやかながら、サステイナブルな循環を感じています(^-^)

 

・・・と、いろいろ書きたいことが溢れてきました(^_^;) 長くなってしまったので、また次回に続くという形にします。

 

取り留めのない、長い振り返りブログに、お付き合いくださりありがとうございます!

 

2017年のサンカルパ

 

img_3570

薬師寺東京別院さんのお正月のお玄関。華やか!

 

新年、あけましておめでとうございます。

昨年は、ヨガクラス、ボディートーク、チャネリングセッションでみなさまにお会いでき、嬉しかったです(^-^) ご参加、セッションを受けにお越し下さり、ありがとうございました。

OLを辞め起業してから、「自営業の醍醐味よね〜」とクリスマス以降はお仕事をいれず、長いお休みを頂いておりました。(特に旅行に行くわけでもなく、ただ、サラリーマン時代にできにくかった長い休暇を自由にとってみたくて(^_^;)

ですが。

昨年は年末ギリギリまでボディートークのご予約を承ってみました。

「自分自身の大掃除!」も大事よね、と年末にたくさんの方がお越し下さり、充実な年末を過ごすことができました。そして、年末にボディートークをやっておいてよかった!なんて感想もいただきまして、嬉しい次第でした。

私の夫もボディートーク施術士なのですが、(サットバというセッションルームをやっております)年末にお互いに交換ボディートークセッションを行いました。私も実際に施術を受けて、おせち料理の準備や大掃除、年始はご挨拶周りに忙しい日々もスイスイと過ごすことができました。

年末の「自分の大掃除ボディートーク」おすすめします!今年の年末もギリギリまでセッションをやっていこう、とやる気満々です(^-^)

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


img_3572

こちらも薬師寺さんの門。飾りつけ、見習いたい〜

 

さて!

みなさま新年、いかがお過ごしでしょうか。

 

「1年の計は元旦にあり」

 

と言いますが、みなさま本年の目標などたてられましたか?私は、毎年たてております!元旦はいろいろと忙しいので(笑、ちょっと先延ばしして、立春(2/4)までにたてるようにしています。

 

この、目標をたてる行為ですが、結構好きなのですよね。なぜかというと、一年を振り返った時に、ほぼほぼ、その目標や願望が叶っていたりするからなのです(^-^)

年末の忘年会あたりから、近しい友人たちと会うたびに「来年の目標決めた??」とお伺いをたてるのも好きです(^-^) みんな意外とすらっと答えがくるので、きっとみなさん、そんなことをどこかで考えているのでしょうね。

 

img_3568

幸福おみくじ(^-^)

 

「目標」というとなんだか敷居が高くて、大変って感じに聞こえるかもしれませんが、「今年はこんな感じに過ごせたらいいなぁ〜」と思いを馳せるだけでもOKだと思います(^-^)

 

 

私の場合ですが、まず大きなテーマを決めます。一年のテーマを直感的に、ばくっと、思いつきのように、一言くらいで言い切っちゃいます(^-^)

私の今年の目標はずばり「多様性」です。英語でいうと「Diversity ダイバーシティ」。

 

いろんな人がいて、人それぞれ、みんな違ってそれでいい。いい、悪い、白、黒と判断せず、まずその違いを受け入れ、理解した上で、最終的には歩み寄り、調和していく。そこに生まれる調和や愛情などはあたたかいものなのだろうな、と。そんな思いで過ごせるようになるといいな、と昨年末あたりから思い始めました(^-^)

 

なので、私にとっての2017年のテーマは「多様性」です。そして、このテーマを元に、実行できるようなより細かい目標を立てます。例えば・・・

 

人の話をよく聞くこと(傾聴する)

自分の定規を当てはめようとしすぎないこと

謙虚であること

よく学ぶこと

丁寧な言葉を使う

自分に恥じない自分であること

 

などなど。

ブレイクダウンしていく訳です(^-^)

 

img_3544

打って変わって我が家のお玄関(^_^;) 質素ですが、鏡餅は毎年自家製です。

 

 

今年の目標をたて終えたら、なんとびっくりな情報をみつけました。

 

石井ゆかりさんの「筋トレ」です。ご存知の方も多いと思います(^-^)

いわゆる、星占いですが、石井さんの占いはちょっと変わっています。ご本人曰く「相変わらずわかりにくい、自分勝手な自己満足占い」とおっしゃってますが、かなり人気なサイトです。たくさんの著書もあります。石井さんのすごいな、と思うところは、その巧みな言葉遣い!

ちなみに私は双子座なのですが、世の中の全ての双子座の人にみんな違うシチュエーションで、きっと当てはまることなんだろうな、と連想させる不思議で、想像力を掻き立てる言い回し。ぼんやり思っていた気持ちは、こんな言葉になるんだ!と思わせてくれるのです。毎回読むたびに感心させられ、かれこれもう10年以上読んでいるサイトです。

そこに「年報」というのがあるのです。一年の空模様。今年の双子座は「コミュニケーション」「愛と創造」がテーマなんだそうです。そこにこんなフレーズがありました。

 

ー引用ー

「創造性」にも様々な定義があるはずですが、
少なくとも私は「正解のないところで、自分なりの答えを出すこと。そうして出した答えが正しいかどうかも、誰も教えてくれないようなこと」という意味合いで用いています。

 

愛に関すること、自分がしたいと思うことの世界ではもはや「正解」などはなく
常に自分で答えを出していくしかない。それが正しいかどうかはわからない
という道を歩き続けるしかありません。

 

 

ー引用終わりー

 

ここは、「まさにそれ!!」と私が思っていたテーマとぴったり合致して、とっても驚きました。 自分が思い描いていことが、星の動き的にも合致していて、なんとも安心したというか、ほっとした感じに思え、よし!このテーマで今年はいこう!と背中を押された感じになりました。

みなさまにも、なにか当てはまる言葉があるかもしれません(^-^) よかったら見てみてください。

 

img_3575

近所の大宮八幡宮へお参りに。御神水の守り神?亀さんと。

 

そして、ヨーガの世界でも、どんな自分でありたいのか、どう生きるのか、を自分で自分に宣言をする作業があります。ヨーガでは「サンカルパ」といいます。サンカルパとは、「なりたい自分になることを決心する」ことを言います。

 

「眠りのヨガ」とも言われる「ヨーガニドラー」の中でよく使われます。

ヨーガニドラーとは、深いリラクゼーションへと身体を導き、寝っころがり、ゆったりとシャバアーサナの状態を作ります。この深いリラクゼーションの中で、人の脳波は起きているとき(覚醒時)のシータ波と、安静時のアルファ波が交互に出る状態になるのだそうです。この状態での暗示、意識したこと、願ったことは、潜在意識に深く入るので、ヨーガニドラー練習時のサンカルパは必ず成就すると言われています。

 

深いリラクゼーションと心願成就が味わえる、ヨーガニドラ、今年度のヨガノワクラスでも取り入れていこうと思っています(^-^)

まずは、新年早々の1/7(土)の浜田山クラスから!お時間があればぜひいらしてくださいませ。 

ヨガノワ ヨガクラススケジュール

 

みなさまにとって、楽しく、豊かで、輝かしい1年になるようお祈りいたしております!

 

そうそう、私が「多様性」=「ダイバーシティ」についてやんわりと考えさせられた映画、「ズートピア」もオススメです(^-^) 主人公のうさぎのジュディ。私も卯年生まれなので、ここでも勝手に共感しちゃいました〜 (笑)

 

 

今年最後のお写経+YOGA

img_3445

3リットルのチャイ!

2016年もあと少しで終わりますね。毎日一生懸命生きているのですが・・・気づけばもう年末!本当に一年って早いですね(^_^;)

12月10日、今年最後のお写経+YOGAがあり、25名さまがご参加くださいました!賑やかに、楽しく過ごすことができ、とってもいい締めくくりになりました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!

 

img_3440

今回のお菓子は、マドレーヌ♡

マドレーヌ型を調達し、国産無農薬レモンの皮を入れたほんのりレモン風味にしてみました。いつもは、菜種油を使用するのですが、マドレーヌ初心者な私、今回はレシピ通り、バターでしっかり焼いてみました(^-^)

 img_3444

26名分のお抹茶を点てるのも大変ですよね。いつもありがとうございます!

そして、チャイも、今までは私が持参した紙コップを使っていたのですが、薬師寺さんのご好意で、お寺のお茶碗をお借りすることになりました。エコです!お茶碗26個がすんなり出てくるのが、さすがはお寺ですよね。我が家のお茶碗、かき集めても10個くらいですもの(^_^;)

img_3450

綺麗な色のお抹茶。そして、お干菓子とクリスマスにちなんでサンタチョコをプレゼントに。

さて、毎回茶話会として、「暮らしに活かせるヨーガの教え」と題してお話させていただいております。今回の資料はこちらです。ご興味あれば読んでみてくださいね(^-^)

 

 

お写経+YOGA 暮らしに役立つヨーガの教え                    Vol.4 2016-12-10

前回のおさらい
【ラージャヨーガの8支則】
①【ヤマ】禁戒 制限すること 傷つけない・嘘をつかない・盗まない・貪らない・期待しない
②【ニヤマ】勧戒 (進んでやるべき道徳)純潔・知足・苦行・聖典の学習・神聖なものへ委ねる
③【アーサナ】座法 快適で安定した姿勢をとる
④【プラーナーヤーマ】調息  呼吸の制御 生命エネルギーをコントロールする
⑤【プラティヤーハーラ】制感 感覚の制御 外側に向けていた感覚を内側に向け内的感覚を養う
⑥【ダーラナー】集中 意識とひとつの対象に集中させる
⑦【ディヤーナ】瞑想  絶え間なく意識を集中し続ること
⑧【サマーディ】三昧 超意識 表現できないほど崇高で時間・空間・因果を超越するもの

ラージャヨガは、心と体をコントロールする系統だった科学です。8つのステップありますが、
どれが優位ではなくて、どれも同等に大切と言われています(^-^)

8支則をひとつひとつ見ていきます ↓

① 【ヤマ Yamas 】
社会生活において気をつけたいこと。制限すること。「禁戒」と訳されることもあります。
「必ず守らなくてならない!」と堅苦しく考えずに、
「前向きで有意義な生活を送る上で役立つガイドライン」と考えてみてください。
ご自身の行いを省みるツールとして使ってみるのもいいですね!

ヤマには5つあります。

①-1【アヒムサ】非暴力・傷つけないこと
②-2【サティア】正直であること・嘘をつかないこと
③-3【ブラフマチャリア】貞節・性的エネルギーの昇華
④-4【アスティヤ】不盗・貪欲ではない・嫉妬をしない
⑤-5【アパリグラハ】贈り物・報酬・賄賂を期待しない

こちらも、ひとつひとつ見ていきます↓

①-1【アヒムサ Ahimsa】非暴力・傷つけないこと
「不殺生」と訳されている場合もありますが、ヨーガスートラによると、「苦痛を引き起こさないこと」となっています。「苦痛を引き起こさない自分」であれますか?

→ 誰に対して?
→ どんな行為で?
→ 何に対して?

ご自身の日常生活において、思い返してみましょう(^-^)

%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%ab%e6%b4%bb%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%82%8b%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%81%ae%e6%95%99%e3%81%88vol4

 

2017年のお写経+YOGAは、ほぼ毎月開催予定です!ご予定が合うときにぜひ。

2017年 お写経+YOGAスケジュール 
1/14(土)     9:30-13:30
3/11(土)     9:30-13:30
4/29(土・祝) 9:30-13:30
5/13(土)     9:30-13:30
6/10(土)     9:30-13:30
7/1(土)       9:30-13:30
8/13(日)     9:30-13:30
9/9(土)       9:30-13:30
10/8(日)     9:30-13:30
11/11(土)   9:30-13:30
12/9(土)     9:30-13:30

お写経+YOGA詳細ページ

みなさまのご参加お待ちしております( ´ ▽ ` )ノ

危篤の叔父とボディートーク

img_3335-copy-copy-copy

秋の伊勢 猿田彦神社

 

9月中旬に叔父が重度の心不全で倒れ、危篤状態でICUに入院している、と連絡がありました。
とにかくびっくりしたので、 慌てて遠隔でボディートークセッションを行うことにしたのです。

ボディートークは、クライアントが離れたところにいても「遠隔で」セッションもできるのです。「えーーー!」と思われる方もいらっしゃるとおもいますが(^-^) ボディートークでは、遠隔でも対面セッションでも効果は変わらない!としております。

ともあれ。

その時は、仕事があり直接病院に行くことができなかったので、すぐに遠隔で叔父に向けてボディートークセッションを開始しました。

 

「心臓と肝臓、腎臓を活性化し尿で毒素を排出すること、心臓の意識である「自己愛・他者への愛」という意識の活性化する」というセッション内容でした。

 

そしてその翌日、面会に駆けつけました。

その際には、叔父の意識はなく、7本もの点滴につながれており、むくみで顔がぱんぱんに膨れ上がっていました。主治医からは、

「非常に危険な状態で危篤です。心臓が自分で動かず、機械で動かしています。血液が全身に回りませんので、他臓器不全です。いくら利尿作用を促す薬をつかっても、尿が全く出ませんので、このような状況ですと十中八九、今夜がヤマとなります。夜間に病院から電話がいくかもしれませんので、覚悟をしておいてください」と。

 

驚きとショックで、胸が苦しくなりました。これから死を迎えるであろう人に対して、何ができるのかを考えたり、71歳まで独身できた叔父の半生を振り返ってみたり。

「今夜がヤマ」の後にくるであろう「その後」の準備をしなくては・・・と、ちゃんとした喪服をもっていなかった主人に慌てて喪服を買いにいってもらい、私も葬儀用の黒い靴を買いなおし、仕事のスケジュールを制限し、叔母は知人の葬儀屋さんに連絡し、そんなことが起きる可能性があるのでその時はよろしくと伝え・・・みんながそれぞれに「今夜がヤマ」の「その後」の準備をし始めたのです。

 

img_3357-copy-copy

伊勢神宮での新嘗祭の儀

ですが・・・。

その日の夜に電話は来ませんでした。・・・ということは?まだ生きているのね!

と翌日に病院に行ってみると、叔父は風前のともし火という感じでしたが、なんとか生きておりました。

 

「命は続いているものの、まだ予断は許せない状況です。いつ心臓が止まってもおかしくない状況です」と危篤を主張する主治医。

 

最初にやったボディートークセッションから3日後に、フォローアップセッションをもう一度行いました。

ボディートークでは、セッション終了時に「次のセッションはいつ頃がいいのか」をその方の身体に訊いていきます。大変な状況だから毎日ボディートークセッションをすればいい、というわけではないのです。心身に起こったシフト=変化や効果を身体に馴染ませる時間も必要なのです。その変化が一度落ち着いてから、ようやく次のセッションへ進めるのです。人により、フォローアップが翌日の場合もあれば、5日後、1週間後、4週間後、もしくはフォローアップしなくてOK、なんて方もいらっしゃいます。

叔父のフォローアップセッションは3日後とでたので、最初のセッションから3日後にフォローアップセッションを行いました。

そして・・・

透析すらできない状況だった腎臓は回復の兆しを示し、なんと尿が出始め、毒素を排出し始めた叔父はむくみが取れ始めたのです。

ICUに入院してから約1週間後には、重度の心不全であった心臓は自分で拍動を始めました。透析もできないくらい弱っていた腎臓は回復し、透析すら必要がないくらい復活しました。心臓を動かす機械を外し、7本あった点滴も1つずつ減っていき・・・

10日後にはICUから一般病棟へ移動し、みるみる回復した叔父は、約2ヶ月のリハビリを経て、先日、11月末に無事退院しました(^-^)

 

「えーーーーーー!!危篤って言ってたのはなんだったのー!!!」

と親族みんなが驚きました。笑

 

主治医や看護士さんと話す機会があり、

「危篤危篤と言われてきましたが、こんな復活劇ってよくありますかぁぁぁ?」

とちょっとしらじらしく聞いてみたところ(笑)

 

「あんな危篤状態から復活された方、初めてみました」と看護師さん。

「三途の川でいったら10回は往復していますね」と主治医。

 

私のこころは「ニヤリ」ですよー!!

 

(ほらほら、それってボディートークの効果じゃないの〜???)とは声には出しませんでしたが。きっとボディートークの効果もあると思います。

 

 

img_3346

伊勢神宮 五十鈴川

 

「ボディートークをやったので、命が助かった」と言いたいのではありません。

ボディートークのセッションをやったとしても、ご本人の潜在的な意識によっては、肉体を脱ぎ捨て新たなステージに上がっていくこと(=肉体の死)を助長してしまうこともあるのです。

叔父の場合は、潜在意識で「まだ生きたい!死ねないぞ!」と思っていたのでしょうね。そんな叔父の潜在意識とボディートークでの心身のバランス、そしてもちろん西洋医学が共鳴し、今回の復活劇になったのだと思います(^-^)

 

だって、叔父!

ICUで1週間くらい麻酔で眠っていたのですが、麻酔を抜いて覚醒した時の開口一番、看護師さんの山田さんをみて

 

「山田さん!結婚しよう!!!!」

 

と叫んだらしいのです(^_^;)

 

彼の中で「結婚していない」ということがこころ残りで、三途の川を戻ってきたのかもしれませんね!叔父、復活後の婚活に期待します 笑

 

余談ですが、どなたかの生死に関わるなど、胸がぎゅーっと苦しくなる経験をされたことはありますか。もちろん、ボディートークのセッションを受ける!のも絶対的にお勧めしますが、「そんな余裕ないわよー!」なんて時は、これ、レスキューレメディをお勧めします。

私の母は急死したのですが、死の前触れもなかったので、それはそれはびっくりでショックでした。そんな時に親友であるくらしのたのしみ店主の友人が「とりあえずこれを飲んで!」と宅急便で送ってくれました。ざわざわしていた気持ちが「すーーー」っと引いていくのが分かるくらいの効果でした。それ以来、何かショックで胸がぎゅーっとなるときに飲用していいます(^-^)

本来であれば、ぎゅーっとなんて、なりたくないですけどね(^_^;)

11月の青空+YOGA

img_3102

緑が綺麗な新宿御苑!

少し寒いかな、と思いつつも開催してみた、秋の青空+YOGA。

11/5、晴天&あたたかな気温に恵まれました〜( ´ ▽ ` )ノみなさまの日頃の行いがいいのでしょうね〜。お子様付け、お友達さまとご一緒にと多くの方にご参加いただきありがとうございました!

img_3164

東京のど真ん中新宿とは思えない〜!空も広く、みどり豊かな新宿御苑。

img_3167

シークレットプレイスと勝手に呼んでおりますが、千駄ヶ谷門付近の芝生は比較的人が少なく広々です(^-^) この日は私たちで占領でした〜。芝生のふかふか感と大地のほんわかとした暖かさを感じつつ、うつぶせのポーズでお休みです(^-^)

 

img_3176

「こっちに木の実があったよー!」

と、ちびっこさまたちは、落ち葉やどんぐり、カラスウリ拾いに熱中(^-^)何もなくても、自然相手に十分遊べますね。楽しみを見つけ出す力、育てたいです!

img_3179

ヨガの時間が終わると、戻ってきて、しっかりお片づけも手伝ってくれました(^-^)

ちびっこさまはまぜか、このマットをくるくる・・・と巻くのが好きですよね(^_^;) どのクラスのいらっしゃるちびっこさまも、ほぼ100%みなさんやりたがります。なんでだろ?!笑

img_3116

こちらは10月の青空+YOGAにご参加のみなさま!爽やかさが伝わります(^-^)

また来年の春、新宿御苑で青空+YOGAやりましょう( ´ ▽ ` )ノ

ばくっと、ほっこり、ゆるゆるとヨーガのおはなし

img_3060

2016-10-8 お写経+YOGA。

前回8月のお写経+YOGA続き、今回もお写経+YOGAスタンプカード12回達成の方々がいらっしゃいました〜( ´ ▽ ` )ノ おめでとうございます!そして、本当にいつもありがとうございます!

 

最近の試みで、お写経+YOGAのお茶の時間を使って、茶話会として「暮らしに役立つヨーガの教え」と題してお話をさせていただいております。お抹茶やチャイを飲みながら、ばくっと、ほっこりと、そしてゆるゆると、体を動かすだけがヨガじゃない!ということに興味をもっていただければと思っています(^-^)

お写経+YOGAに来てくださった方には、茶話会の内容を、毎回1枚のプリントを差し上げております。それが何回か溜まったらちょっとしたヨーガの勉強ノートになるといいな、と思っています。

前回までの内容を、記載してみます。もしご興味あれば、読んでみて下さいね!

 

 

お写経+YOGA 暮らしに役立つヨーガの教え                    Vol.2 2016-8-6

【ヨーガとは】
数千年前にインドで生まれた、世界最古の「人格開発体系」と言われる「生命の科学」です。

【私たち人間を構成するもの】
肉体  =乗り物 (肉体を動かす為には「行動」「感情」「知性」の3つの力が必要)
こころ =その御者
魂   =本当の自分

*「肉体は魂の乗り物」「肉体は魂の住むところ(お寺)」と言われます。

肉体・こころ・魂がうまく調和・バランスし働かなくてはいけないのです!

 

昔のヨギ(ヨーガの修行をする人々)は、
「人間の本質は何か?」
「人が自分自身とも環境とも調和して生きて行く為には何が必要なのか」
を知り尽くしており、こころと体の関わり合いを考えながら、このバランスを保つ独特の方法を編み出しました。

体を健康に保つ為に必要な運動(アーサナ)、こころに安らぎを与えるための呼吸法(プラーナヤーマ)と瞑想(メディテイション)を組み合わせました。
これが、私たちが練習している「ヨーガ」です。

【ヨーガという言葉自体の意味】
「つなぐ」という意味がある。
 
→ ヨーガによって、何と何をつなぐの?
  肉体・こころ・魂 をつなぐ
  個我(ジヴァ)と、絶対的純粋意識(ブラフマン)をつなぐ
  私たちは、無知により、本物と見かけだけのものを見極められないでると言われている。

  ヨーガの目的は、
  実在と非実在・時間・空間・因果関係といった幻想から自由になり、自分の本来の中に
  ある神聖さ・性質に気づくこと。

  さまざまな「ヨーガ」の道がありますが!
  最終的には、どのみちも、みんなここを目指しています。

 

【ヨーガの4つの道】

カルマヨーガ
 無私の奉仕の道 
 すべての行動を自分への見返りという考えなしに、神さまに捧げるような気持で行動する道。
 行動の結果を放棄することで、「利己的」がなくなり「私!」がなくなり、
 その結果、こころが開かれ・エゴが消え・すべては一つという認識になる。
 《メリット》いつでも、どこでも、誰でも、行動したいとう気持さえあれば始められます!

バクティヨーガ
 捧げる・帰依する純真な愛アプローチの道
 お祈り・チャンティング・神や聖人の話を聞く・祈りの儀式(プージャ)をすることにより、
 その結果、謙遜心・自分が神様の道具である感覚がわく・身を委ね、利己心が消える。
 《デメリット》帰依するひとが狂信的になりやすい。どの宗教も神は1つであると説いている
        のに、自分と神の個人的な関係だけが正しいと思ってしまう。

ニャーナヨーガ
 知識のヨーガ 哲学的なアプローチ
 スピリチュアルな進歩に対する知的な直接的なアプローチ。「ヴェーダンタ」というヨーガ
 の教えや聖典を勉強し、何が有限で、何が無限のものを正しく「識別」できるように、
 自己規律に則り、鋭い感覚、熱心さ、曇っていない感情で自己分析(ヴィヴェーカ識別)
 をする。最も難しいヨーガの道と言われている。
 《デメリット》知的能力を誇りに思ってしまう危険性がある。エゴや感情が浄化されてい
        ないと偏り、新たなエゴを見出してしまう恐れがある。ニャーナヨギには
        バクティヨーガ(神への愛)とバランスしながら学ぶ必要がある。

ラジャヨーガ
 マインドをコントローするヨガ・科学的なアプローチ
 統計的にマインドを分析し、さまざまなテクニックを使って意識をコントロールしていく道。
 まず、プラーナ(生命エネルギー)のコントロールを学ぶことにより、マインドが自動的に 
 コントロールされます。

 

ラージャヨーガには
  ①ハタヨーガ
  ②クンダリーニヨーガ が含まれます。

現在、私のクラスにでてくださっている方は、
4つのヨーガの中の、「ラージャヨーガ」の中の「ハタヨーガ」の中の「シヴァナンダヨーガ」
という種類のヨーガを練習していることになります(^-^)

 

img_3135

・・・・眠くなってきた?!

まだ大丈夫なら、続きもどうぞ(^-^)

 

お写経+YOGA 暮らしに役立つヨーガの教え                    Vol.2 2016-10-8

前回のおさらい
【ヨガの4つの道】
カルマヨーガ  行動のヨーガ 無私の奉仕のアプローチ(見返りを考えない)
バクティヨーガ 捧げる・帰依する純粋な愛のアプローチ
ニャーナヨーガ 知識のヨーガ 哲学的なアプローチ
ラージャヨーガ マインドをコントロールするヨーガ 科学的なアプローチ
   ⇩
ラージャヨーガには、系統立てられたガイドラインがあります。

 

【ヨーガ・スートラ】
ラージャヨーガの原典。
およそ2000年間に賢者パタンジャリ・マハリシによって編成されたヨーガの聖典。
 *スートラ=糸の意味で、糸のようにパタンジャリが説いた短い言葉をつないだもの。

ATHA YOGANUSASANAM. アタハ ヨーガヌササナン 
これよりヨーガを明細に説く

YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.  ヨーガ チッタ ヴリッディ ニローダハ
心の作用を止滅することが、ヨーガである

・・・・という始まりの節は有名です(^-^)

【ラージャヨーガの8支則】
ヨーガスートラは「アシュタンガヨーガ」とも呼ばれます。(アッシュト=8  アンガ=枝)
私たちが前向きで有意義な毎日を送っていくための実践すべき、実用的なガイドラインです。
①【ヤマ】禁戒 制限すること 傷つけない・嘘をつかない・盗まない・貪らない・期待しない
②【ニヤマ】勧戒 (進んでやるべき道徳)純潔・知足・苦行・聖典の学習・神聖なものへ委ねる③【アーサナ】座法 快適で安定した姿勢をとる
④【プラーナーヤーマ】調息  呼吸の制御 生命エネルギーをコントロールする
⑤【プラティヤーハーラ】制感 感覚の制御 外側に向けていた感覚を内側に向け内的感覚を養う
⑥【ダーラナー】集中 意識とひとつの対象に集中させる
⑦【ディヤーナ】瞑想  絶え間なく意識を集中し続ること
⑧【サマーディ】三昧 超意識 表現できないほど崇高で時間・空間・因果を超越するもの

①ヤマと②ニヤマは、③〜⑧の土台となります。

 

と、こんな感じで、まずはばくっと!ヨーガの体系を理解していただければ幸いです(^-^)

 

さて!

次回のお写経+YOGAは12月10日(土) 9:30〜です。2016年最後となります!薬師寺東京別院のお坊さん小林澤應さんからの般若心経の読経付き!

茶話会では、ラージャヨーガの8支則のうち、一番実践が難しい!?ヤマ・ニヤマのお話をしたいと思っています(^-^) ご都合がつけばぜひいらしてください!

ふたたび岡山へ

 

img_0701

岡山でのダブルレインボー!

 

大好きな岡山県。

2014年に、岡山県からボディートークセッションを受けに来てくださったクライアントさまからお声がけいただき、2015年に初岡山上陸!岡山でのボディートークセッションをさせていただきました。

セッションを受けてくださったみなさまのその後も気になりつつ・・・一年が過ぎてしまいました。

 

そこで、2016年!岡山に再び上陸させていただきました〜!

・・・といっても、8月末の話で随分前の話で恐縮ですが(^_^;)

 

 

今回はちょっと長めで5日間の滞在で、最後の2日間でボディートーク&チャネリングのセッションをさせていただきました。夏休みも兼ねて、ということで、初めの3日間は、夫のセッションルームもお休みをいただいて、二人でプチ旅行を(^-^)

 

まずは、倉敷!

なんといっても、昨年時間がなくて行きそびれてしまった倉敷の大原美術館。今回はぜひに!と岡山空港から直接倉敷行きバスにのり、初日早々に制覇!

 

img_2851

じゃーん!重厚な門構え。

大原美術館は、昭和5年に設立された日本で最初の西洋美術の私設の美術館だそうです。岡山倉敷屈指の地主であり、実業家でもある大原孫三郎さんは「事業の利益は社会に還元するべし」と様々な社会事業に取り組まれたそうです。素晴らしい企業家精神!!

そして、同じく岡山県出身の画家、児島虎次郎さん。この二人、いわゆる画家とパトロンの関係にありますが、虎次郎さんの純粋な美術への思いと実直な人柄に惚れ込んだ孫三郎さんが、虎次郎さんをヨーロッパに派遣し、西洋の美術作品を収集させたそうです。画家とパトロンという関係を超えた友情と情熱、信頼関係によって、設立された美術館なのです(^-^)この美術館の魅力ですね♡

 

img_2852

窓枠も素敵。館内は撮影禁止ですが・・・作品は撮影していないということで(^_^;)

 

そうそう!大原美術館の入館券は、4つの館(本館/分館/工芸・東洋館/児島虎次郎記念館)各館に分かれていて、各館ごとに入場するとスタンプが押されます。再入館はできないのですが、なんと!

チケットに有効期限がありません!

なので、当日でなく別の日でも利用でるのです!何年後でも!(美術館の方に確認済みです 笑)

すごい!太っ腹〜。さすがは、大原孫三郎さん!

私も時間がなくて回りきれなかったので、また次回の訪問時に行く予定です(^-^)

 

 

img_2849 大原美術館を出たら目の前に、昇り龍的な雲が!なんとなく勝手に幸運を感じました(^-^)

 

img_2843   img_2842

岡山出身で東京のヨガクラスに通ってくださっている生徒さんから教えて頂いた岡山情報を元に、倉敷の素敵なカフェ三宅商店さんでカレーと白桃パフェを。

白桃は7月までが旬で、時期を逃したなぁと思っていましたが!白桃パフェでキャッチアップ(^-^) カレーも全て手作りの美味しいルーでした。

 

img_0643

倉敷美観地区の町並みはいいですよね〜。

 

倉敷地区でもう一つのオススメは、阿智神社。こじんまりしている神社ですが、とっても神聖な空気感の神社でした。

  img_2957

神社へと上がる88段の米寿坂。

img_2955

とっても気のいい境内。

img_2954

阿智神社 鶴形山からの倉敷の夕方。

 

3日目は、岡山の友人とも再会できました!去年の岡山訪問の際に、「池田動物園」で大喜びしたシュール好きな私を思い、友人が案内してくれたのが・・・

 

img_2875

「めだかの学校」(≧∇≦)

なかなかシュールでやっぱり岡山、大好きです!!

img_2877

園内の小川には、めだかやあめんぼう、小さいカエルなど、お水が綺麗でないと生息できない生物たちがたくさん(^-^)

img_2879  img_2878

小川沿いには、地元の陶芸家さんの作品で、可愛らしい仏像が展示されています。のんびりお散歩する楽しみにもなります(^-^)

 

 

img_0707

と、この帰り道にダブルレインボー!テンション上がりまくりでした(^-^) 

岡山の友人で、今回も車で岡山のいいところを案内してくださった友人の寛子さん

岡山県でカラーセラピーのお仕事をなさっています。数秘術とカラーを織り交ぜたオリジナルのセラピーです。今回私も、夫と一緒に彼女のセッションを受けましが、とっても面白かったです(^-^)すごーく簡単に説明させていただくとすると、数秘によって自分の魂の癖と今後の方向性を知り、カラーの力によってそれを助長する、といった能動的なセラピーです。興味ある方はぜひ!

 

さてさて!本題のボディートークのお仕事はといいますと!

今回はこんな素敵なサロンをお借りして、2日間セッションをさせていただきました。

アロマサロンリモーネさん。

img_2945 img_2946

素敵な外観&内装で、駐車場も無料!

「ここがいい!」と即決で、レンタルサロンとして2日間お借りしました。

img_2947

セッションルームも施術ベット完備!落ち着く空間でした。

ご縁をいただきセッションを受けに来てくださったみなさま、ありがとうございました。

これは私個人のモットーでもあり、私のセッションルーム HealthHut(ヘルスハット)の企業理念みたいなものですが、

「より自分らしく、健康に、楽しく、生きていくことを楽しめる自分になる!」

 

このために、今回セッションを受けてくださったみなさまにとって、ボディートークやチャネリングが少しでもお役に立てていればいいな、と思っています(^-^)

近隣とはいえ、広島から、そして、海を越えて香川県からもお越しくださったみなさま、ありがとうございました!きっとまた岡山でセッションをさせていただくと思います!またその時までどうぞお元気でお過ごしくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

 

P.S.

岡山のもう一人の友人を訪ねて、津山市まで小旅行にいったりとか、素敵なシンクロがおきたカフェシュルプリーズのオーナーとの出会い、ひょんなつながりから岡山県久米南町での地域振興会などに参加させていただいた話などもあり、書き足りないのですが!長くなってしまったので、またの機会にします(^_^;)長ーいブログに、お付き合いいただきありがとうございました!

 

img_0681 また読んでね〜♡

(めだかの学校のお魚。やっぱりちょっとシュールです?!)

 

 

おめでとう&ありがとう!

IMG_2750 (1)

薬師寺東京別院さんの夏のお庭とほおずき

 

早いもので、もう9月ですね!個人的には8月は外出やイベント、再会などが多く、あっという間に過ぎ去っていった1ヶ月でした。

みなさんにご報告した事柄がたくさんあって、ブログが追いつきませんが(^_^;)ひとまず、8月初旬の真夏のお写経+YOGAからご報告です。

 

お写経+YOGAですが、毎年偶数月、年に6回(2月4月6月8月10月12月)開催させていただいております(^-^) そして、今年で4年目になります。

 

・・・ということは、すでに24回くらいは行っていることになるのですね。ヨガが初めて、お写経が初めて、という毎回違う参加者のみなさんとの化学反応で、毎回毎回、風味の違った雰囲気になります(^-^)何回やっても全然、飽きません!!

 

ある時、お写経+YOGAの常連さまのSさまが、年末の最後12月のお写経+YOGAに参加されたあと、

 

「私、今年はお写経+YOGA、皆勤賞だったんです〜!」 と。

 

「えーーー!!そうだったの??気付かないで、ごめんなさい!!ありがとうございます!!」と、私(^_^;)

 

皆勤賞だった方、他にもいるはず!そして、何かお祝い&お礼をしなくっちゃ!でも、もう今年は終わってしまったので来年から何かを・・・と思いを巡らせて・・・

 

IMG_2973

「お写経+YOGAスタンプカード」

なるものを作り始めました。12回来てくださった方には、ヨーガやお写経にちなんだグッズをプレゼントします!というスタンプラリー形式にしてみました(^-^)

12回ということは2年間皆勤賞で来てくださらないといけない訳で、結構長期的なシバリがある感があったので「期限なしで、もし、気が向いたらスタンプ集めてみてくださいね〜」的な軽いノリで始めました。

 

そうしたら・・・

 

IMG_2747

2016年8月!なんと2名さまがスタンプ12個達成されました〜!!!

いつも本当にご参加いただき、ありがとうございます!

 

お写経+YOGAスタンプカード初のプレゼントグッズはヨーガの聖典といわれる叙事詩「バガヴァッドギータ」をプレゼント(^-^) こちらは日本ヴェーダンタ協会からの出版物です。

IMG_2974

サンスクリット語と、その発音をカタカナで、そして日本語の訳がのっている優れもの。

サンスクリット語は古いインドの言葉で、現在では公用語としては使われていません。ヨーガの聖典はサンスクリットで書かれています。そして、サンスクリット語は、音自体にエネルギーがあるとされ、その音を口ずさむだけでもいい、とされています。

IMG_2975

すべての宗教をも超えた、「人類の聖典」なんていわれたりもします。

 

バガヴァッドギータを教えられる先生方は、

「あなたが今悩んでいることは何ですか?」と質問され、その答えをバガヴァッドギータの中から導きます。

「ギータの、第◯章、◯◯節にこう書いてあります」という風に説明をしてくださいます(^-^)人生のあらゆる場面での、考え方、こころの持ちかたを書いた人生の経典です。

 

最近では、お写経+YOGAで、ヨガの練習のあとお茶会の際に「暮らしに活かせるヨーガの教え」と題し、ヨーガの教えをみなさまにシェアさせていただいております。

 

何千年前のヨギー(ヨガを練習・修行する人のこと)たちが残してくれた言葉が、今の現代の私たちにも斬新に響くって、すごいことだと思いませんか?

人間全然、進化していなじゃーん! 笑

というよりも、「人間」とは「そういう生き物」なのでしょうね(^-^)

 

心は動くし、気持ちは揺れる、悲しみ、苦しみ、人との葛藤、人への執着心・・・

 

そんな私たちの動き回るこころとからだの取扱説明書!それがヨーガの教えだと思っています。

 

 

また、そんな話をさせていただきたいと思います!

次回のお写経+YOGAは、10月8日(土)9:30〜です。

詳細はこちらからどうぞ!お待ちしております〜( ´ ▽ ` )ノ

 

奈良へ!

IMG_1620 (1)

なんとも壮観!奈良の薬師寺さん大講堂

早いもので、もう7月も終わろうとしていますね。まだ梅雨が終わらないぐずぐずしたお天気ですが、7月初旬の晴れ間に、念願の奈良・薬師寺さんへお参りに行って参りました!

いつもお写経+YOGAで会場として使用させていただいている五反田にある薬師寺東京別院さんの本家本元になります(^-^) 中学・高校の修学旅行の記憶を辿ってみても(もう20年…25年…27年くらい前になりますが 汗)奈良の薬師寺さんへのお参りは初めてだったような気がします。

世界遺産・・・です!

IMG_1631

こちらは金堂

 

朝4:30に起き、6時過ぎ品川発の新幹線に飛び乗り、京都駅へ。そこから近鉄線に乗り換え40分。薬師寺さんのある「西ノ京駅」に到着したのが、9:30過ぎだったかと思います。

ちょうど蓮の花の見頃の時期で、さらに午前中とあって、美しく輝いているロータスにテンションが上がり…!写真を撮りまくってしまいました(^_^;) その数なんと200鉢!

IMG_1634

IMG_2600奈良・西の京「ロータスロードご朱印めぐり」という奈良・西の京地域で、蓮で有名な3ケ寺(薬師寺唐招提寺喜光寺)を巡るお得なプランがあるのです。このチケット、3ケ寺の参拝チケット・御朱印帳・散華もついてくるお得プランです!8月まで蓮の見頃は続くそうなので、奈良に行かれる機会があれば、ぜひご参考になさってください(^-^)

ちなみに、薬師寺さんでお写経をされると、2000円の納経料を納め、無料拝観券がいただけます。拝観料だけですと800円かかります。

薬師寺さんに来たからには、やはり本家本元でお写経もやりたい!

ということで、早速お写経道場へ!

  IMG_1609

じゃーん! こんなに広大なスペースのお写経道場!

IMG_1612

お写経道場へと向かう廊下からは、美しいお庭とロータスが望めます。

IMG_2595

集印帳は奈良も東京も共通です!もし、もう薬師寺さんの集印帳をお持ちであれば、奈良に行かれる際もご持参くださいね。お写経をするたびに、ひとつ押印してくださいます。

1巻で12回分。毎回集印帳の色が変わっていく、というニクいシステム!それがまたお写経を続けていく上での、ちょっとした楽しみでもあったりしますよね〜(^-^)

IMG_2601

お写経後は五反田薬師寺さんでお世話になっておりました、お坊さん根来穆道さんとお会いして、薬師寺さんを案内していただきました。東京でみなさんが納経されたものは、こちらに一時保管されます。ちなみに、ここは通常は立ち入り禁止です。

でも。

「お写経+YOGAに来たくださっているみなさんに、ご報告も兼ねてお見せしたいんです!」とお願いして、特別に許可を頂き、写真を撮らせていただきました。みなさんのお写経、ちゃんと奈良に届いていますよ〜(^-^)

IMG_1621  IMG_1629

薬師寺さんは奈良時代に建てられたお寺です。火事にあったり、損傷が激しく、再構築されていますが、奈良時代に使われていた美しい色彩を再現されています。奈良時代、結構派手ですね!鮮やかな色使いで素敵です。

 

薬師寺さんでのひと時を満喫し、ロータスロードに沿って、「唐招提寺」さんへ!薬師寺さんから歩いて15分くらいです。ちなみにこちらも世界遺産のお寺です。

IMG_1649

門をくぐり本堂へ続くこの道、素晴らしく気持ちがよかったです。…そしてなぜか誰もいなかった!

IMG_2629 IMG_2623

唐招提寺内、少し歩くと鑑真大和上の霊廟があります。緑が深く、池になっていて、ふかふかの苔が美しかったです。ちなみに苔の花言葉は「母性愛」だそう(^-^) 

このふかふか感、確かに「母〜!」って感じがしますね(ちなみにこの花言葉、穆道さんに教えていただきました。さすがです!)

そして、ロータスロード最終寺は「喜光寺」さん。なんといっても名前が素敵です(^-^)

IMG_2642

そんなに大きくないお寺ですが、本堂の御本尊である阿弥陀如来さまのお顔がとっても素敵でした。御本尊の前にはベンチがあり、そして、また誰もいなかったので(笑)、しばらく腰かけさせていただき、すこーし瞑想の練習をさせていただきました。やはり、御本尊!そして場の空気が整えられているお寺では、すーっと集中できた気がします。

喜光寺さんもロータスが素敵でした!

 IMG_2650IMG_2648

IMG_2644 (1)

この仏跡も素敵でしょ〜。お顔がとってもお美しい!

さてさて。

夜はお仕事上がりの穆道さんと合流してお食事をご一緒にさせていただきました。薬師寺さん近くのマクロビ食の「あす香」さんにて。

こちらのお店は、お写経+YOGAの生徒さんで、5月に奈良へ行かれた方から、強く強くオススメされまして。(本当に3回くらい念押しされて!)そこまで言われたら、行くしかないでしょ!

と、穆道さんをお誘いして、行って参りました。

そうしたら、なんと!

穆道さんの知人の方がやっていらっしゃるお店で、奈良に帰ってきたかので「いつかご挨拶にいかなくちゃ!」と思っていたお店だったそうなのです(^-^) シンクロですね〜

IMG_2660

お坊さんもいつも袈裟…ではないのです。お知り合いのアロハシャツ職人さん仕立ててもらったアロハだそうです(^-^)  

IMG_2654IMG_2656IMG_2655

IMG_2658IMG_2657IMG_2659IMG_2662IMG_2663

あす香さんのお料理は、動物性食品・乳製品・化学調味料・お砂糖・みりんも不使用!

 

びっくりしたのはポテトサラダ!もちろんマヨネーズなしで、お塩とお酢のみ!!!

でも、確かに食べ慣れているあのポテトサラダのお味です。とってもとっても美味しかったので、帰宅後、早速、お塩とお酢のみのポテトサラダ作ってみました!割とお酢多めがポイントです。ぜひ、試してみてください。これだけでも、本当に美味しいのです。

あとは、あす香さんでの玄米ご飯が素晴らしく、プチプチで美味しかったです。かなりのボリュームでご飯を食べきれないと思ったので、事前に「ご飯を半分くらいに減らしていただけますか」とお願いしたら、「はい、じゃ、残りの分をおにぎりにしますので、持っていかれてくださいね」と帰りの際に渡してくださいました。お心遣いに感激です(^-^)

大阪で12年間、自然食のお店をやってられたオーナーさんが、奈良へ帰られて、ご自宅でお店をなさっています。住宅街で見つけるのが難しかもしれませんが、西の京へ行かれた際はぜひぜひ!

・・・と奈良・西の京の旅、大満喫の旅でした。

 

あす香さんでご飯を食べ終えて駅に向かう道すがら、ふっと気づいたこと。それは、

 

「夜がちゃんと暗いんだ」

 

ということ。

東京の夜って本当に明るいんですよね。

奈良・西の京の夜は、ちゃんと夜が暗い!そして、夜は暗くて、ちょっと怖い。きっとそれでいいのでしょうね。怖いから、みんな暗くなったらお家に帰って、お家で火を灯り夜を過ごすんだろうな、という当たり前のことをぼんやり思い起こしてみたり。

私が子供のころ。杉並の自宅周辺も畑が多くて雑木林だらけ。夜は暗かったなぁということを思い出し、ちょっぴり懐かしい気持ちになった奈良の夜でした。

 

・・・ブログというより、旅記録な投稿になってしまいましたが(^_^;) 

楽しい再会もあり、世界遺産とされる日本が誇る建造物や古都の風情、季節のお花、季節の美味しいお料理を堪能できました。

奈良、意外と近くに感じました(^-^) きっとまた行くと思います!