おめでとう&ありがとう!

IMG_2750 (1)

薬師寺東京別院さんの夏のお庭とほおずき

 

早いもので、もう9月ですね!個人的には8月は外出やイベント、再会などが多く、あっという間に過ぎ去っていった1ヶ月でした。

みなさんにご報告した事柄がたくさんあって、ブログが追いつきませんが(^_^;)ひとまず、8月初旬の真夏のお写経+YOGAからご報告です。

 

お写経+YOGAですが、毎年偶数月、年に6回(2月4月6月8月10月12月)開催させていただいております(^-^) そして、今年で4年目になります。

 

・・・ということは、すでに24回くらいは行っていることになるのですね。ヨガが初めて、お写経が初めて、という毎回違う参加者のみなさんとの化学反応で、毎回毎回、風味の違った雰囲気になります(^-^)何回やっても全然、飽きません!!

 

ある時、お写経+YOGAの常連さまのSさまが、年末の最後12月のお写経+YOGAに参加されたあと、

 

「私、今年はお写経+YOGA、皆勤賞だったんです〜!」 と。

 

「えーーー!!そうだったの??気付かないで、ごめんなさい!!ありがとうございます!!」と、私(^_^;)

 

皆勤賞だった方、他にもいるはず!そして、何かお祝い&お礼をしなくっちゃ!でも、もう今年は終わってしまったので来年から何かを・・・と思いを巡らせて・・・

 

IMG_2973

「お写経+YOGAスタンプカード」

なるものを作り始めました。12回来てくださった方には、ヨーガやお写経にちなんだグッズをプレゼントします!というスタンプラリー形式にしてみました(^-^)

12回ということは2年間皆勤賞で来てくださらないといけない訳で、結構長期的なシバリがある感があったので「期限なしで、もし、気が向いたらスタンプ集めてみてくださいね〜」的な軽いノリで始めました。

 

そうしたら・・・

 

IMG_2747

2016年8月!なんと2名さまがスタンプ12個達成されました〜!!!

いつも本当にご参加いただき、ありがとうございます!

 

お写経+YOGAスタンプカード初のプレゼントグッズはヨーガの聖典といわれる叙事詩「バガヴァッドギータ」をプレゼント(^-^) こちらは日本ヴェーダンタ協会からの出版物です。

IMG_2974

サンスクリット語と、その発音をカタカナで、そして日本語の訳がのっている優れもの。

サンスクリット語は古いインドの言葉で、現在では公用語としては使われていません。ヨーガの聖典はサンスクリットで書かれています。そして、サンスクリット語は、音自体にエネルギーがあるとされ、その音を口ずさむだけでもいい、とされています。

IMG_2975

すべての宗教をも超えた、「人類の聖典」なんていわれたりもします。

 

バガヴァッドギータを教えられる先生方は、

「あなたが今悩んでいることは何ですか?」と質問され、その答えをバガヴァッドギータの中から導きます。

「ギータの、第◯章、◯◯節にこう書いてあります」という風に説明をしてくださいます(^-^)人生のあらゆる場面での、考え方、こころの持ちかたを書いた人生の経典です。

 

最近では、お写経+YOGAで、ヨガの練習のあとお茶会の際に「暮らしに活かせるヨーガの教え」と題し、ヨーガの教えをみなさまにシェアさせていただいております。

 

何千年前のヨギー(ヨガを練習・修行する人のこと)たちが残してくれた言葉が、今の現代の私たちにも斬新に響くって、すごいことだと思いませんか?

人間全然、進化していなじゃーん! 笑

というよりも、「人間」とは「そういう生き物」なのでしょうね(^-^)

 

心は動くし、気持ちは揺れる、悲しみ、苦しみ、人との葛藤、人への執着心・・・

 

そんな私たちの動き回るこころとからだの取扱説明書!それがヨーガの教えだと思っています。

 

 

また、そんな話をさせていただきたいと思います!

次回のお写経+YOGAは、10月8日(土)9:30〜です。

詳細はこちらからどうぞ!お待ちしております〜( ´ ▽ ` )ノ

 

奈良へ!

IMG_1620 (1)

なんとも壮観!奈良の薬師寺さん大講堂

早いもので、もう7月も終わろうとしていますね。まだ梅雨が終わらないぐずぐずしたお天気ですが、7月初旬の晴れ間に、念願の奈良・薬師寺さんへお参りに行って参りました!

いつもお写経+YOGAで会場として使用させていただいている五反田にある薬師寺東京別院さんの本家本元になります(^-^) 中学・高校の修学旅行の記憶を辿ってみても(もう20年…25年…27年くらい前になりますが 汗)奈良の薬師寺さんへのお参りは初めてだったような気がします。

世界遺産・・・です!

IMG_1631

こちらは金堂

 

朝4:30に起き、6時過ぎ品川発の新幹線に飛び乗り、京都駅へ。そこから近鉄線に乗り換え40分。薬師寺さんのある「西ノ京駅」に到着したのが、9:30過ぎだったかと思います。

ちょうど蓮の花の見頃の時期で、さらに午前中とあって、美しく輝いているロータスにテンションが上がり…!写真を撮りまくってしまいました(^_^;) その数なんと200鉢!

IMG_1634

IMG_2600奈良・西の京「ロータスロードご朱印めぐり」という奈良・西の京地域で、蓮で有名な3ケ寺(薬師寺唐招提寺喜光寺)を巡るお得なプランがあるのです。このチケット、3ケ寺の参拝チケット・御朱印帳・散華もついてくるお得プランです!8月まで蓮の見頃は続くそうなので、奈良に行かれる機会があれば、ぜひご参考になさってください(^-^)

ちなみに、薬師寺さんでお写経をされると、2000円の納経料を納め、無料拝観券がいただけます。拝観料だけですと800円かかります。

薬師寺さんに来たからには、やはり本家本元でお写経もやりたい!

ということで、早速お写経道場へ!

  IMG_1609

じゃーん! こんなに広大なスペースのお写経道場!

IMG_1612

お写経道場へと向かう廊下からは、美しいお庭とロータスが望めます。

IMG_2595

集印帳は奈良も東京も共通です!もし、もう薬師寺さんの集印帳をお持ちであれば、奈良に行かれる際もご持参くださいね。お写経をするたびに、ひとつ押印してくださいます。

1巻で12回分。毎回集印帳の色が変わっていく、というニクいシステム!それがまたお写経を続けていく上での、ちょっとした楽しみでもあったりしますよね〜(^-^)

IMG_2601

お写経後は五反田薬師寺さんでお世話になっておりました、お坊さん根来穆道さんとお会いして、薬師寺さんを案内していただきました。東京でみなさんが納経されたものは、こちらに一時保管されます。ちなみに、ここは通常は立ち入り禁止です。

でも。

「お写経+YOGAに来たくださっているみなさんに、ご報告も兼ねてお見せしたいんです!」とお願いして、特別に許可を頂き、写真を撮らせていただきました。みなさんのお写経、ちゃんと奈良に届いていますよ〜(^-^)

IMG_1621  IMG_1629

薬師寺さんは奈良時代に建てられたお寺です。火事にあったり、損傷が激しく、再構築されていますが、奈良時代に使われていた美しい色彩を再現されています。奈良時代、結構派手ですね!鮮やかな色使いで素敵です。

 

薬師寺さんでのひと時を満喫し、ロータスロードに沿って、「唐招提寺」さんへ!薬師寺さんから歩いて15分くらいです。ちなみにこちらも世界遺産のお寺です。

IMG_1649

門をくぐり本堂へ続くこの道、素晴らしく気持ちがよかったです。…そしてなぜか誰もいなかった!

IMG_2629 IMG_2623

唐招提寺内、少し歩くと鑑真大和上の霊廟があります。緑が深く、池になっていて、ふかふかの苔が美しかったです。ちなみに苔の花言葉は「母性愛」だそう(^-^) 

このふかふか感、確かに「母〜!」って感じがしますね(ちなみにこの花言葉、穆道さんに教えていただきました。さすがです!)

そして、ロータスロード最終寺は「喜光寺」さん。なんといっても名前が素敵です(^-^)

IMG_2642

そんなに大きくないお寺ですが、本堂の御本尊である阿弥陀如来さまのお顔がとっても素敵でした。御本尊の前にはベンチがあり、そして、また誰もいなかったので(笑)、しばらく腰かけさせていただき、すこーし瞑想の練習をさせていただきました。やはり、御本尊!そして場の空気が整えられているお寺では、すーっと集中できた気がします。

喜光寺さんもロータスが素敵でした!

 IMG_2650IMG_2648

IMG_2644 (1)

この仏跡も素敵でしょ〜。お顔がとってもお美しい!

さてさて。

夜はお仕事上がりの穆道さんと合流してお食事をご一緒にさせていただきました。薬師寺さん近くのマクロビ食の「あす香」さんにて。

こちらのお店は、お写経+YOGAの生徒さんで、5月に奈良へ行かれた方から、強く強くオススメされまして。(本当に3回くらい念押しされて!)そこまで言われたら、行くしかないでしょ!

と、穆道さんをお誘いして、行って参りました。

そうしたら、なんと!

穆道さんの知人の方がやっていらっしゃるお店で、奈良に帰ってきたかので「いつかご挨拶にいかなくちゃ!」と思っていたお店だったそうなのです(^-^) シンクロですね〜

IMG_2660

お坊さんもいつも袈裟…ではないのです。お知り合いのアロハシャツ職人さん仕立ててもらったアロハだそうです(^-^)  

IMG_2654IMG_2656IMG_2655

IMG_2658IMG_2657IMG_2659IMG_2662IMG_2663

あす香さんのお料理は、動物性食品・乳製品・化学調味料・お砂糖・みりんも不使用!

 

びっくりしたのはポテトサラダ!もちろんマヨネーズなしで、お塩とお酢のみ!!!

でも、確かに食べ慣れているあのポテトサラダのお味です。とってもとっても美味しかったので、帰宅後、早速、お塩とお酢のみのポテトサラダ作ってみました!割とお酢多めがポイントです。ぜひ、試してみてください。これだけでも、本当に美味しいのです。

あとは、あす香さんでの玄米ご飯が素晴らしく、プチプチで美味しかったです。かなりのボリュームでご飯を食べきれないと思ったので、事前に「ご飯を半分くらいに減らしていただけますか」とお願いしたら、「はい、じゃ、残りの分をおにぎりにしますので、持っていかれてくださいね」と帰りの際に渡してくださいました。お心遣いに感激です(^-^)

大阪で12年間、自然食のお店をやってられたオーナーさんが、奈良へ帰られて、ご自宅でお店をなさっています。住宅街で見つけるのが難しかもしれませんが、西の京へ行かれた際はぜひぜひ!

・・・と奈良・西の京の旅、大満喫の旅でした。

 

あす香さんでご飯を食べ終えて駅に向かう道すがら、ふっと気づいたこと。それは、

 

「夜がちゃんと暗いんだ」

 

ということ。

東京の夜って本当に明るいんですよね。

奈良・西の京の夜は、ちゃんと夜が暗い!そして、夜は暗くて、ちょっと怖い。きっとそれでいいのでしょうね。怖いから、みんな暗くなったらお家に帰って、お家で火を灯り夜を過ごすんだろうな、という当たり前のことをぼんやり思い起こしてみたり。

私が子供のころ。杉並の自宅周辺も畑が多くて雑木林だらけ。夜は暗かったなぁということを思い出し、ちょっぴり懐かしい気持ちになった奈良の夜でした。

 

・・・ブログというより、旅記録な投稿になってしまいましたが(^_^;) 

楽しい再会もあり、世界遺産とされる日本が誇る建造物や古都の風情、季節のお花、季節の美味しいお料理を堪能できました。

奈良、意外と近くに感じました(^-^) きっとまた行くと思います!

ジョン先生のセッション

IMG_2152 (1)

お久しぶりにお会いしたボディートーク創始者、ジョン先生と。

 

3/4〜3/6と、ボディートーク創始者のジョン先生の「Energetics」エナジェテッィクスの講座、そして、3/6〜3/7に行われたジョン先生の手技を見ながら勉強を深める「セッションワークショップ」に参加してきました。

 

今回の目玉は・・・

初めて!ボディートーク創始者のジョン先生のセッションを受ける!こと(^-^)

海外からボディートークの上級の先生がいらっしゃっり、そのセッションを見ながら勉強するセッションワークショップでは、いつも参加者からセッション希望者を募り、みんなの前で公開セッションをするのです(生贄といつもジョン先生は言いますが 笑)みなはその様子を見ながら新しい知識や手技を学びます。もちろんセッション料金はお支払いしますが、上級の先生のセッションを受けられるめったにないチャンスで、応募はいつも殺到。大概は抽選になります。

 

ジョン先生も今まで2回来日されていて、今までもセッションを受けるチャンスがあったのですが、その時はなぜか「今、必要ではないかも」という気持ちにかられ申し込みすらしていなかったのです。

 

ですが今回は・・・

「私、今、絶対必要!」

 

という直感に従い申し込み、そして抽選も突破!セッションを受けられることになりました(^-^) 勝率100% 笑

セッションにあたり、「課題」を聞かれます。こうしてほしいこと、こうなりたいことなどを先生に伝えます。身体的なこと、そして気持ち的なこと、なんでもオッケー!

 

私の課題は、

 

「昨年受けた子宮筋腫の開腹手術の術後ケアと今後の妊活に関して」 

 

とお願いしました。

筋腫はとって体は整えたものの、ちゃんと妊娠できるのだろうか(年齢的にも!)・・・という不安は拭えず、ボディートークに頼りました。ボディートーク、妊娠に関しての症例はたくさんありまして。ボディートーカー自身、そして、セッションを受けた方の奥さまが数ヶ月後に妊娠した!なんて症例も多々あり。

 

ここは神頼み・・・ではなくてボディートーク頼み!ということで、またもや人体実験パート2ですね(^_^;)

 

 

IMG_2156 (1)

会場は100名を越す人で賑わっていました。

ジョン先生のセッションは、通常のボディートークセッションとちょっと違います。

なぜなら、通常私のような一般のボディートーク施術士がリンクを探し、トントンとやるような基本セッションは、セッションベッドに上がった時にはすでに流れてしまうそうでして(^_^;) なので、ジョン先生のセッションは、いきなり「課題」にはいっていきます。

 

ベッドに上がり、ジョン先生が私のお腹、開腹手術の傷後部分の腹部に手を当てます。もうその時点でお腹が

 

「ぐるるるる」

 

となり始めました。ボディートークセッションを受けたことがある方は、体験していらっしゃると思いますが、エネルギーが流れている反応として、お腹が鳴るのです。特にお腹が空いている訳ではないのですが。この音を聞くと施術士は「お、ちゃんと反応してくれてるな」というサインになるのです(^-^)

 

その後も、セッション中私のお腹がはなり続けていました。

まず、傷口に関しては、ジョン先生は「表面の傷の状態はいいね!ただ、内部(腹膜)の傷口に少し癒着があるので、まずそれを解放します」と。

 

術後、かなりのケアをしてきましたので、表面の傷の状態はいい!と聞きほっとしました(^-^) ボディートークのセッションはもちろん、ボディートーク仲間であり鍼灸の先生である方から鍼の施術をうけたり、ボディートーカーであり、鍼灸師、アスレチックトレーナーである夫から、術後のケアとして、鍼と運動指導のリハビリを受けましたので。

IMG_2044

いつも頭部に鍼をさされていました。

 

IMG_2060

こんな角度まで上がれるようになるまで、1ヶ月くらいはかかりました。

 

IMG_2056

腹筋に力が入りずらく、仰向けのでの複式呼吸の練習をたくさんさせられました。リハビリの動きは地味・・・です(汗) がこれが大切!

余談ですが、夫はアメリカでアスレチックトレーナーの国家資格を取り、現在もティップネス丸の内スタイルでトレーナーをしておりますが、自宅でもセッションを開始しました。特にリハビリを得意としていて、今までに延べ5000人以上の症例をとってきました。特に腰痛・股関節・膝痛でお困りの方はお勧めします!

ご興味あるかたは、「サットバ」佐藤海人のサイトを見てみてください(^-^)

 

 

さて。

ジョン先生のセッションは続き、筋腫のフォローアップへ。筋腫は「マイクロパラサイト」という細胞内寄生体がコロニー(巣)を作り、それが筋腫の元凶となるそうなのです。私の場合は、筋腫を切りとったことで、マイクロパラサイトはほぼ取り除かれているそうですが、少し残っていたものを除去してもらいました。それが残っているとまた次の筋腫を生み出してしまうそうなのです。これで再発防止なりましたので一安心(^-^)

 

「卵管は通っているのでいいよ」、と。けれども、右の卵巣に炎症があるので、右の卵巣からの排卵がうまくいっていないので、妊娠可能な卵子は左側からのだけになり、妊娠の可能性は2ヶ月に1回になる、とのこと。そして、その炎症を鎮めるね、とセッションは続き・・・

 

最後は、脳下垂体の調整でした。脳下垂体はホルモン分泌の親玉で、とくに排卵に関しては「黄体形成ホルモン」を分泌し、排卵を促します。私の脳下垂体は、腹部に筋腫があることにより「体が整っていない」と判断し、黄体形成ホルモンの分泌が滞っていたそうなのです。そこで、おでこをぐぐぐっと押され、ここのバランスをとってもらいました。

 

そうしたら・・・

 

ゾワゾワゾワ

 

と体の後ろ側にまるで水、というか蛇が通って行くように、じんわりした震えが走り、鳥肌がたちました。それが頭頂部から足まで抜けきったところで、セッション終了です。

セッション後身体のシフト(変化)は人それぞれ。身体が震えても震えを感じなくても大丈夫。エネルギーが流れていることには変わりありません。が、今回はしびれましたねー。さすがはボディートーク創始者ジョン先生です。

 

セッションの翌日、3日ぶりにヨガの練習をしました。ずっと座りっぱなしの4日間の講座の後だったにもかかわらず、身体がぐーーーんと伸び、可動域が異様に高くなっていてびっくりしました!副産物ですね(^-^)

 

 

肝心の妊活に関しては、まだ観察中です。でも、実験結果はまたご連絡しますね。同じような症状や状況を抱えていらっしゃる方の何かの参考になれば・・・と思います(^-^)

 

ちなみに、ジョン先生。

ブラジルで心臓移植待ちのリストのトップにいる方々に、心臓外科医の前でボディートークのセッションをし、心臓にあった穴を修復し、移植がいらないまで回復させてしまったそうです。そして、そのミラクルに賞賛したブラジルの方々は、ジョン先生のことを「John of GOD」ジョン神様!と呼んでいるそうです。

ブラジルのお医者さんはシャーマンの家系の方が多く、こういった代替医療やエネルギーワークの施術に関して、とっても好意的だそうで、ブラジルの医療従事者がボディートークを習い始めているそうです!ボディートークの位置付けも変わってくるかもしれませんね(^-^)

 

新年のごあいさつ

 

thumb_IMG_1953_1024

薬師寺東京別院さんのお正月のお玄関

 

 

あけましておめでとうございます。

新しい年があけました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

我が家では、年末12/30あたりから、おせち料理の準備を始めました。小豆、黒豆を煮て、栗きんとんは瓶詰めの栗を使わず、今年採れた栗を軽く茹でて冷凍保存しておいたものを使い、さつまいもは毎年秋にいっている川越の荒幡農園さんで自分で掘ったさつまいもを使う!のがちょっとしたこだわりです(^-^)

そして、できる範囲での大掃除をし、(できる範囲で・・・というのがポイントです^^)慌ただしいけれども、なんとか「お正月らしく」新年を迎えることができました。

 

 

thumb_IMG_1949_1024

今年は白い陶器のお重箱を新調しました(^-^) 小ぶりなので食べ過ぎずいい感じです♪

 

IMG_1970

自家製鏡餅。ピサの斜塔のように?! 傾きつつも、なんとなくバランスがとれております(^_^;)

 

 

そして、毎年の年末から年越しにかけての恒例行事がありまして。

 

穴八幡宮の「一陽来復(いちようらいふく)」

 

のお札を貼ることがここ数年の習慣となっています(^-^)

 

新宿西早稲田にある穴八幡宮の「一陽来復」は、金融融通、商売繁盛のお守りです。毎年、冬至から節分までの期間限定で販売されており、このお札を手に入れるために地方から観光バスでツアーが組まれたり、冬至の日の当日は、深夜から長蛇の列ができるくらいの人気のお札です。おひとつ800円。「よい状況が巡ってくる=お金に困らない」というものなのです。

 

 

ただ、このお札。貼り付けにあたり、若干のルールがあります。

 

①お札を貼っていい日 →「冬至」「大みそか」「節分」

②お札を貼る時間 → 深夜24時

③貼る方角 → その年の恵方の方角 (今年は南南東)

 

と、貼り付けにあたり、割とハードルが高いのですね(^_^;)

特に、大みそかの深夜24時、つまりカウントダウンで「ピピピポーン」で貼り付けます。

以前、まだ我が家にテレビがあったときは、(ちなみにテレビは4年位前にやめましたが・・・)某チャンネルのゆく年くる年をみながらやっていたのですが。ゆく年くる年って、意外に年明けのお知らせが地味なのですよね〜。

「ゴーーーーン」

と鐘の音が響き、気づいたら数秒過ぎていた??なんてこともあり(汗) それ以来、電話の時報を使っています(^-^)

 

気になる一陽来復の効果といえば・・・

 

私はもちろん!ご利益があると思っています!

というのも、このお札。私がサラリーマン生活をやめ、Health Hutを起業しようと奔走していた年にお友達から頂き、始めてみることにしました。そして、無職の間の数ヶ月もなんとか切り抜け・・・現在もなんとか生活をさせていただいております。

お金そのものもそうなのですが、どなたかがどなたかを紹介してくださったり、友人たちが私の知らないところでボディートークを広めてくださったり、ご家族でヨガクラスに連れてきてくださったり・・・と、人と人との「ご縁」も来復してくれているような気がします(^-^) やはり効果は絶大!です。 

 

 

IMG_1968    IMG_1969

  近くから見ると存在感ありです!        遠くからみても…存在感ありですかね(^_^;)

 

そして、もう一つ。年始の行事としては、氏神さまとお写経+YOGAでお世話になっている薬師寺さんへのお参りです。

 

氏神さまは、住んでいる土地を守ってくださっている神社です。我が家の場合は、杉並区大宮にある「大宮八幡宮」という大きな神社があり、毎年こちらにお参りしていました。

が!

以前、神社庁に電話して調べてもらったところ、氏神さまはもっと近所の小さな小さな「尾崎熊野神社」というところでした。(実は私の通っていた小学校の目の前でした。さらにお名前も私の旧姓「尾崎」で、ご縁があるのですね〜)それから、毎年お正月三が日以内にはこちらにお参りにいくようにしております(^-^)

 

さて!

元日の五反田薬師寺さんは・・・大勢の方が元日法要にいらっしゃっり賑わっておりました(^-^) 

thumb_IMG_1952_1024    thumb_IMG_1951_1024

 

お写経+YOGAでもおなじみ、昨年の9月に着任なさったお坊さん小林澤應さんの読経を初めて聴かせていただきました。

 

それはそれは、伸びやかに通るお声でして!

般若心経にすっかり聞きいってしまいました(^-^)

 

そこで!

 

2016年のお写経+YOGAでは、年始の2/13(土)  と年末最後の12/10(土)の回に、澤應さんに般若心経を読経していただくようお願いし、快諾いただきました( ´ ▽ ` )ノ

般若心経。お写経+YOGAにお越しの方はたくさん書いていただいております、よね。

 

でも、実は・・・読めない漢字 もあったりしませんか?笑

 

以前、趣味?興味?で、般若心経の硬筆練習帳を買い、付録にあった般若心経のCDを毎日聞いて、暗記していた頃もありました(^_^;) ですが、しばらく読んでいないと忘れてしまうのですよねー。ぜひぜひ、みなさまもこの機会に、般若心経を音のシャワーとして体感してみてください(^-^)

 

お写経+YOGAの年間スケジュールや詳細はこちらからどうぞ。

 

お写経もヨーガも、幸せに生きる道を説いたものです(^-^)

そして!

Health Hutでご提供させていただいているボディートークもチャネリングも、みなさまが、みなさまらしく、生き生きと、楽しく!生活できるようにサポートしてくれるツールだと思っています。今年も微力ながら、そんなお手伝いをさせていただければと、気持ちを新たにしております!

 

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします(^-^)

そして、みなさまにとって、輝かしい一年になりますように、お祈りしています。

 

 

そう、ちなみに。

お祈りします・・・の「お祈り」ですが。

祈り・・・って届くのです(^-^) 科学的に証明されていることをご存知ですか。

以前ご紹介したかもしれませんが、白鳥哲監督の映画「祈り〜サムシンググレートとの対話」。

もうご覧になりましたでしょうか。

この映画に出演されている筑波大学名誉教授の村上和雄博士は「心と遺伝子研究会」を立ち上げられ、心の働きが遺伝子に影響を与えることを確かめられたのです。「愛」「笑い」などポジティブな心の働きが遺伝子を変えるということを研究なさっています。その中で、アメリカの東海岸から、西海岸で闘病している患者さん方へ、内緒で「治癒を祈る」という実験を行ったところ、祈りを送られなかった患者さん達に比べて、祈りを送られた患者さん方の治療効果が大幅に高まる、という結果が出たそうです。

とーーっても面白く、興味深い映画でした。機会があればぜひご覧になってください!

 

P.S

ご心配いただいておりました、私の術後の体調ですが、鍼灸やボディートークでのリハビリ、そして食事療法など、いろいろと楽しみながら試しております。経過もとってもよく、何不自由なく生活させていただいております(^-^) どんなことをしたのか・・・を次回のブログで書かせてくださいませ!

 

 

入院生活を終えて

thumb_IMG_1587_1024

 お花のパワーってすごいですね。元気と癒しをもらいました。

9/20(日)に退院いたしました!

たくさんの方々からメッセージを頂いたり、ご自身の体験をシェア頂いたり、お見舞に来て頂いたり・・・と入院生活の励みになりました。サポートいただきありがとうございました!

9/13(日)に入院し、9/14(月)に手術、9/20(日)に退院で、ちょうど1週間を病院で過ごしてきました。おかげさまで、術後の経過もとっても順調(^-^) 最近病院では、傷口の癒着防止のために手術翌日には起こされて、歩かされます。

「え!お腹切っているのに、翌日になんて歩けるかな?」

と思っていましたが!

意外と歩けるものですね(^-^)

背中からチューブを入れる「硬膜外麻酔」というものを使い、術後48時間はお腹周りがぼんやりと麻酔がかかっている状態になります。ですので、傷もそんなに痛まなかったです。ただ、仰向けで寝ていて、よいしょっと腹筋を使って起き上がれないから、まず横に倒れて、そこから起き上がる、というような折り紙式にしか起き上がれませんでした。

今日で、術後11日目です(^-^)

今はサクサク歩けますし、日常生活でのほとんどの作業は問題なくこなせます(^-^)ただやはり腹筋に力が入りにくいので、重たいものを持ったり、後屈のポーズなどはお腹につっぱり感があって、制限があります。病院からは、1ヶ月くらいかけて通常の生活・運動量に戻すように、と指導を受けています。

img001

病院の術後のスケジュール。術後の回復のステップが知れてとっても役立ちました。

 

入院中は、笑うとお腹が痛かったり、せき、くしゃみ、なども命がけ!笑 

お見舞にきてくれた友人は帝王切開で出産し、開腹手術経験者です。彼女曰く、

「笑うときは、両手でぐっとお腹を押さえてから笑うといいよ〜」と。

これはとっても実践的でした(^-^)

そして、くしゃみは、鼻をつまみぐっとくしゃみを潰す!そんな日々を過ごしていました。でしたが、ここ数日は、くしゃみも思いっきりできるようになり、人間の体の治癒力に感動しています(^-^)

術後の正直な感想としては、

 

「こんなに早く通常に戻れるなら、なんでもっと早く手術を受けなかったのかしら自分!」

 

と喉元過ぎれば・・・な感じです 笑

とはいえ、これも全てこのために準備してきたり、実践したもののお陰だと感謝も忘れてはいません!

 

 

thumb_IMG_1570_1024病院の図書館。入院中の人は、何冊でも借りられます! 

 

 

今回、一番調整が大変だったのは、術前の気持ちのバランスでした。

 

全身麻酔の間は、自分で呼吸ができないので人工呼吸になるってご存知でしたか?私は今回初めて知ったのですが、

 

「え、ってことは、人工的に死んじゃうんだ、ワタシ」

 「もしかして目覚めない・・・なんてこともあるのでは?!」

 

と神妙になってみたり(^_^;)

 

手術時間は、1日の中の2番手。前の方の手術が8:00〜でそれが終わり次第、私の番が回ってくる、というなんとも、もやもやした待たされ方でして。結局手術は、お昼の12:00〜となりました。午前中の待ち時間の長いこと長いこと(^_^;) 

 

また、術後の痛みってどんなだろう?耐えられるかな?術中に何か良からぬことになって他の臓器も取られてしまったらどうしよう、など、あらゆる無意味な妄想をして、自分で恐れを作り上げてみたり 笑

 

「いかん、いかん!」

 

と我に戻っては、気持ちを落ち着かせようと、

ボディートークのタッピング(これは、もうすきあらばずっとトントンしていました 笑)

ヨガの呼吸法(アヌロマヴィローマ。これ気持ちを落ち着かせてくれるのには効果抜群でした!)

マントラCDを聞く

瞑想の練習

などなど、ありとあらゆる手段を使い自分を落ち着からせようと必死。

正に、動き回るこころをどう制御していくのか・・・ヨーガの実践ですね!!

 

と、まぁ、あの手この手でなんとか気持ちを落ち着かせようと頑張りましたが、それでもやっぱりナーバスなワタシ。

 

でも!

 

いざ手術室に入ってみると・・・

 

何かストンと憑き物が落ちたというか、腹が据わったというか、不思議と「スーーー」っと気持ちが落ち着くのを感じました。そのモードの変わり方たるや、自分でも驚きました。

手術室の看護師さんたちもとても丁寧に、次に何をするかのステップを一つずつ説明してくださって、それがとっても安心でした。やはり初めての経験って、次に何をして、どうなってしまうの分からないという不安と未知への恐れがあるかと思いますが、今回の病院(広尾の日本赤十字社医療センター)はそんな患者さんの心理状態を熟知されて、ケアしてくださっているのではないかと感じました。1人の看護師さんは、全身麻酔がかかる直前まで、ずーっと手を握ってくださったりと、とても心強かったです。

 

このこと自体!術前にやってもらった、手術中に発動するボディートークのパフォーマンスセッションのおかげではないかと思います。グループマトリックスというセッションで、

 

「この手術に関わる全ての医療従事者が、協力し合い、よりよく作業ができるように。そして私をそのチームの一員であるという認識をもってくれるように」

 

というセッションだったのです。

 

術後、同じ病室で、同じ婦人科系の手術をなさった方々とお話する機会があったのですが、看護師さんが手なんて握っていてくれなかったよー、とのことでした。親切な看護師さんにあたってラッキーでした!これもボディートークパワーかな?!

 

そして、術後もうひとつラッキーだったことは、抜糸がなかったこと!

先生から、

 

「あ、そうそう、抜糸はありませんからね〜」

 

と言われて、驚きました。

こちらも担当のドクターの方針によって違うようなのですが、同室の方は抜糸をされていて、「痛かった・・・」と(^_^;) 最近では溶けてしまう糸を使うことが多いそうです。

 

 

 

と、西洋医学のドクター、看護師さんたちのたくさんの配慮をいただき、東京タワーと六本木ヒルズが見えるお部屋での入院生活を満喫し、帰宅しました(^-^)

 

thumb_IMG_1595_1024入院生活最後の晩餐!ハワイのブランチ?のような特別メニュー(プラス1000円の特別メニューを奮発しました 笑) 

 

時として、西洋医学が必要であればその技術をありがたく受け入れることも必要。でも、それにあたって、

 

自分が不安に思うこと

こうはして欲しくない

こうしたい

 

という意思をしっかりとドクターと話し合うこと。そこが大切なのではないかな、と思いました。私の場合はとてもラッキーで、外来の時から担当してくださった女医さんが私の意思を汲んでくださる方で、コミュニケーションがよくとれたこと、それは本当にラッキーだったな、ありがたいな、と感謝しています。

 

もし、同じような症状で手術を検討されている方がいらっしゃれば、何かの参考としていただければ幸いです(^-^)

 

癒着防止のため、そして、また新たなる筋腫を防ぐために術後のケアとリハビリを始めました!

またこのあたりも次回ブログで書きますね(^-^) ひとまずは、退院のご報告と応援してくださったみなさんへ感謝をこめて。

 

初めての入院

IMG_1547

こんな夕焼けが見える病室に入院しました。

 

メールやホームページのお知らせ欄でご連絡しましたが、本日から2週間お休みをいただくことになりました。ボディートーク、チャネリングのご予約でご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

一部の方にはメールでお知らせいたしましたが、「身体のメンテナンス」としてお休みをいただく旨お伝えしました。

 

みなさまにご心配をおかけしております。

また、「どこか行くんです?(インドとか?)」と聞かれまして 笑

『インドに行って、2週間のアーユルヴェーダのパンチャカルマでデトックスしてきます!』

 

と言いたいところなのですが(^_^;)

 

デトックスはデトックスなのですが。

 

実は子宮筋腫の手術を受けることになり、本日より入院しております。そして、明日には手術になります。

 

おそらく1週間から10日の入院になりそうです。ですので、2週間の9/28の週からは、ご予約の受付を開始したいと思っております。しばらくの間ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくご了承お願いいたします。

 

今回の手術。

子宮筋腫にもいろんなタイプがあるそうで、私の場合は幸運にも、全く症状がでないケースです。痛みも出血も、月経中の変化も何もありません。ただ、筋腫が成長してくると、お腹がぽこっと出っ張ってくるくらいなのです。痛みも何もない状態なのですが、ちょっと大きくなり、お腹の上からでも感じらるくらいのサイズになってしまったので、MRI検査を受けるため、大きな病院にいきました。そして、ドクターからは、

 

「はい、切りましょう!」

 

とあっさり言われ(^_^;)

 

「ちょちょちょ、ちょっと待ってください〜」

 

と、病院から逃げ帰ってきてしまいました。(そして、病院を変えました 笑)

 

日頃、ボディートークの施術をさせていただいている身として、みなさまの本当に素晴らしく、たくましい「自然治癒力」を目の当たりにさせていただいている身として!

なんとしても、ボディートークで、そして自然療法で切らずに治したい!

と思い、3年に渡りいろいろな自然療法を試してきました。

 

例を挙げてみると・・・

 

ボディートーク (→もちろん!絶対的な信頼を置いておりますので(^-^)

絹の冷えとり靴下&腹巻 (親友であり自然療法に詳しい、くらしのたのしみオーナーより冷えが良くないと聞き)

食事療法(→玄米に変え、お肉を食べないこと3年。コーヒーをやめ、甘いものを止めてみた時も)

ヘナシャンプーに変え、ヘアカラーをやめてコンディショナーを使わない(→経皮毒、特に頭皮と子宮の関係を)

チャネリングやヒーリング(→婦人科系の疾患は母性との関係性の関わりがあると聞き)

ひまし油湿布(→エドガー・ケイシーのひまし油で筋腫がなくなったと聞き)

断食(→腸内のクリアリングで体質改善できると聞いて。友永ヨーガ学院の断食コース

アーユルヴェーダ(→インド5000年の歴史!代謝を上げ、筋腫を小さくするハーブを摂取)

鍼灸(→夫が鍼灸師の資格をとり、中医学に基づき体質を見極め施術を受ける)

よもぎ蒸し(→友人がサロンをやっていて「アーブズ」婦人科系に効くよ!と勧められ)

と、まぁ、いろんな方からのアドバイスをいただき、自分なりに調べ、納得のいくものを試してまいりました。それこそ、ふと気づけば、「西洋医学」以外はほとんど手をつけたんじゃないかしら(^_^;)

 

もちろん、ボディートークやその他の療法で、筋腫が小さくなりました!なんて症例はたくさんありますし、本当にそんなこともあるのだと思います。現に私のボディートークのクライアントさまでも、筋腫が2㎝以上小さくなった、なんて方も複数名いらっしゃいます(^-^)

 

ですが、今回の私の場合。小さくならなかったのですね。

そして、今回の入院&手術に至ります。初めての入院、そして手術でドキドキして夜を迎えています。

 

Ganesha

障害を取り除いてくれるインドの神様、ガネーシャの置物にもきてもらいました。神頼み・・・笑

 

でも!

こうなったら、もう人体実験だ!

 

と、術前、術中、術後にボディートークをしてもらい、その変化や回復のスピードを身をもって体験してきちゃおうと思っています(^-^)

 

ボディートークは、ただ痛みや症状を軽減するだけではなく、もし西洋医学が必要であれば、その施術のお手伝いもできるのです。例えば、手術前の精神状態を落ち着かせたり、術後の癒着を解消したり、担当してくださるドクターたちとうまく意思疎通がとれるように、など。

アメリカでは、こんなたくさんのケースでボディートークが活用されています。

和訳したものがあるので、興味がある方はこちらからご覧になってくださいませ(^-^)

 

ということで!

また術後の経過をブログでご連絡できればと思っています。もし同じような境遇の方がいらっしゃれば、少しでも励みになるといいな、と思っています(^-^)

 

実はもう、私の尊敬する、ボディートークの上級インストラクターであるシルビア先生に、ボディートークのパフォーマンスセッションをしてもらっているです(^-^) パフォーマンスセッションとは、ある出来事に対して(私の場合は手術ですが、試験や試合、プレゼンや発表会などなんでも!)その時にベストなコンディションで臨めるように、先付けのセッションができるのです。

 

今回の私へのパフォーマンスセッションは、手術の24時間前から始まり(もうエネルギーがながれているはずですね!)手術前の始めの麻酔がかかった時から発動するもの、手術中のドクター達に対するセッション、術後目覚めてから発動するセッション、という具合に時間を区切ってエネルギーが流れるようにセッティングしてもらっています。

とっても心強いし、どう感じるのか、どうなるのか、楽しみでもあります(^-^)

 

それでは、また!術後にご連絡しますね。

お写経の新事実!

thumb_IMG_1401_1024

少し暑さが和らいだ8/8。 1ヶ月振りのお写経+YOGAでした(^-^)

 

隔月で年に6回薬師寺東京別院さんの特別スペースをお借りしてやらせて頂いている、お写経とヨガのイベントも、もう三年目になりました。

ここまで続けてこれたのも、いつもご参加くださるみなさまのおかげです。ありがとうございます!

 

thumb_IMG_1407_1024

ヨガの後は法話を聞きながらのお茶会。

thumb_IMG_1403_1024

今回のおやつは、夏っぽく?! ブルーベリークランブルクッキーを。レシピはいつものこちらから。

まいにち食べたいごはんのようなクッキーとビスケットの本 なかしましほさん。

 

そして、私個人のお写経歴も、思い返せば、4年になります。まだまだですが…でも、もう、4年も経つのね、と感慨深く思います。が、やはりまだまだ…だったのです。

 

4年目の今年。お写経の関する新たな事実が発覚!

 

 

私をはじめ、お写経+YOGA常連さままでもが、

 

 

『えーーーーー‼︎』

 

 

と声を張り上げてしまった驚愕の事実!

 

薬師寺さんの般若心経、実は裏面もあったのです‼︎

 

びっくりしました〜。

 

薬師寺さんでのお写経は、硯でちゃんと墨をすってから、毛筆で行います。お手本の上にこだわりの手漉き和紙を重ね、下に写る般若心経のお手本をなぞるかたちで行います。

お写経道場は墨も硯も、お写経のお手本も全て机の上にセットされていて、好きな席を選んで着席して始めるかたちなのです。そう、ここが落とし穴!笑

 

セットされているお写経のお手本をわざわざひっくり返してみよう・・・なんぞ、到底思わなかったのですよね(^_^;)

 

この事実は、こちら、薬師寺の管長さんのご子息山田さんが、前回のお写経+YOGAの際に、

「お時間のない方は、こちらの裏面をお写経なさっても結構です」

と、さらりとおっしゃり…

 

IMG_0982_1024

みんなで「えーーーーーー!!!」

 

となった次第です。

 

裏面は、薬師寺さん復興のため、国民のみなさんからのちょっとずつの寄付をいただきたい、というお気持ちからお写経活動を始められた前々代の薬師寺管長さん、高田好胤(こういん)さんによるものです。

難しい般若心経を、現代の私たちのために分かりやすく説明され、意訳されたお言葉です。

 

 

般若心経のこころ

とわられないこころ

かたよらないこころ

こだわらないこころ

ひろく ひろく もっとひろく

これが般若心経 空(くう)のこころなり

 

というものです。

どうですか?とっても分かりやすいですよね(^-^) 

そして、声に出してみると、とても語呂がよく、つい口ずさみたくなります。

 

実は、こちらの般若心経B面(と勝手に名付けましたが)たくさんのお写経を重ねられている方でも、あえてこちらを好んでお写経される方も多いんだそうです。

般若心経の漢字270文字くらいをなぞるよりも、こちらの意訳されているほうが、どんなことを書いているのか理解しながらできる、という点ではいいですよね。

さらに、ちょっと今日は時間がないので・・・なんて時にもこちらのB面もいいかもしれません。(本来は、ゆとりをもってお写経に行きたいものですが!)

image

しかし!

この「かな」文字。意外と難しいのですよ〜。

もし、薬師寺さんでお写経されている方がいらっしゃいましたら、次回は趣を変えてB面もぜひチャレンジしてみてください。

そして、いま思うことは、

何事も、好奇心をもって、慣れ親しんだものからちょっと離れ、裏面を見てみること(笑)、いつもと違う道を通ってみる、いつもと違うことをする、なんていうのも新たな発見があっていいのかもしれない、とつくづく思いました。

次回のお写経+YOGAは、心地よい秋、10/31(土)です。ぜひ!

憧れの岡山県へ

image

飛行機から見た岡山の土地。地盤が固く守られている印象。

 

素敵なご縁とベストなタイミングが重なり、岡山県に行ってきました。

岡山県って私の中ではかなり「アツイ」土地でして、ずっと惹かれていて「いつか行ってみたいなぁ」と。そして、願いは叶うのですよねー。

なぜ惹かれていたのかというと・・・

岡山県出身の方が周りに多かったり、シヴァナンダヨガのトレーニングコースが国内で初めて行われたのが岡山県だったり、岡山産の大きな(それこそ本当に桃太郎がでできそうな)、今まで食べたことのないくらいジューシーで美味しい「白桃」をいただく機会があったり。

 

なんといっても全く行ったことのないところ!

 

だったのです。

新しい土地ってワクワクしますよね。「観光」というものは、旅にでて、新しい「光」を「観る」ことなんだそうです(^-^) 新しい土地で、新しい物の見方、考え方を持つこと、それが「観光」なんだそうです。

 

このアイディア、とっても素敵じゃないですか!

 

ということで、岡山でできるだけたくさんのことをしたい!と欲張り岡山観光にいってきました。

 

せっかく行くのだから、と市内の公民館の素敵な和室で、1日出張ボディートーク&チャネリングセッションをさせて頂きました。岡山からわざわざボディートークのセッションを受けに来てくださったクライアントさん方の口コミで、たくさんの方にお越しいただきました!ありがとうございました。

image

公民館のお茶室。こんな素敵な和室でした。

 

セッション合間、お昼に少し時間があったので、どこか「観光」できるところはないかな、と調べたところ、公民館のすぐ裏に動物園があることが判明!

 

「よーし、アニマルボディートークをしにいこう!」

とすぐ行動に!

 

image

池田動物園

シュールです 笑。でも、嫌いじゃな〜い!(むしろ好き)

 

動物園にくると、必ずボディートークセッションをやらせてもらっています。ボディートークは、ペットはもちろん、動物園の動物たちにもセッションできるのです(^-^) 

今回のお目当は、ホワイトライオン!

 

 

  ライオン  絶食

 ・・・ですが、ライオン、断食中にてやる気ゼロ。ずーっと寝ています。笑

と、ふと通りかかったツキノワグマが、自分の膝や足を噛んで、息も荒く転がりまくり…と怪しい動きをしているのが気になり、

 

「今回はライオンじゃなくて、このクマだな」

 

と直観に従い、クマに許可をとってから、アニマルボディートークのセッションを開始。

セッションは、脊椎と心臓のヴィヴァックスといって軸を取り直すこと。というワンリンクだけの短いものでした。檻の外からクマを意識してタッピングを始めてしばらくしたら・・・。

転がりまくっていたクマの動きがピタリと止まり、遊び道具のタイヤに子猫ちゃんのようにスリスリしはじめ、檻の中のプールに浸かり、気持ち良さそうな顔でふぁ〜と大きなあくびを3回。

これでセッション終了。

動物は、ボディートークのエネルギーで身体が変化し、その影響であくびやおしっこ、糞などをします。不要なものを手放しているのでしょうね。そんなサインは、施術士側からすると、ちゃんと反応してくれてるな、という判断になります(^-^)そして、動物は本当に反応が早い!アニマルボディートークは、何回やってもいつも感動的です。

アニマルボディートークもしたし、記念に写真を・・・と思ったら、このツキノワグマさん、撮影は拒否。プイっとそっぽを向かれてしまいました(^_^;) セッション後は、人も動物も同じ。ゆっくりしたいのでしょうね。

池田動物園、珍しい動物も多く、動物との距離が近い!お近くに行かれた先はぜひ。

 

さて、人間さまとクマさんのセッションを終え、岡山1日目の夜は、岡山県のボディートーカー友人と再会!岡山の地元の食材を使ったお店に連れて行って頂き、地元のお料理、地酒までしっかり頂き、ボディートークについてたくさん語り合いました。全国各地にボディートークの友人達がいてくれるのは、嬉しいものですね。

ままかり

手前のお魚は「ままかり」。岡山特産です。「まんま(ごはん)」を食べ尽くしちゃって、お隣の家に「かり」に行くらい 美味しいという意味で「ままかり」だそうです。シメサバみたいなお味で美味しかったです。

 

 

岡山2日目は、友人たちと合流し湯郷(ゆのごう)という温泉街に移動して温泉を満喫!

こちらはシヴァナンダヨガのティーチャートレーニングが行われたお宿「かつらぎ」さん。天皇陛下も皇太子時代に宿泊されたことのある由緒ある古い旅館をモダンに改装されたお宿です。

かつらぎ

 

今回たまたまこのお宿で行われたいたヨガのイベントにも参加し、美味しいヨギランチ(動物性のものを使わないお食事)も頂き、夜は、ホタル狩りへ。

 

image

開放的なスタジオでのヨガクラス。 先生は私と同じくインドのシヴァナンダヨガアシュラムでヨガを学ばれた方。

image

グリンピースと生姜ごはんに、車麩の唐揚げ、美味しかった〜!

 

image

ホタル!

翌日は、高知に移住した友人と倉敷で待ち合わせ倉敷観光へ。

高知から倉敷、遠いのでは?と思いきや、地図で調べると約2時間くらい、とでます。意外と近いのですね(^-^)

倉敷は白壁で有名な城下町。ちょうど結婚式をされている方に出会いました。とっても素敵で、風情があります。

    倉敷   倉敷結婚式

 

image  「土」な感じが素敵な備前焼の蕎麦猪口もゲット!

 

たくさんの出会いと、びっくりするくらいのシンクロが数々起きた岡山「観光」でした。一度食べただけで大ファンになった白桃ですが、こちらは7月がシーズンだそうで、今回は食べられませんでした。これだけが残念!また行くしかないですね(^-^)

image

 

最後に、この岡山旅行のきっかけを作ってくださった岡山の友人たちに感謝します!

おかげで素敵な旅になりました。どうもありがとう( ´ ▽ ` )ノ

ワタシとブログとカルマヨガ

2015年初のお写経+YOGA!

 

 

みなさま

あけましておめでとうございます!
…なんてずいぶん前のことですね。

どうにもこうにもブログが後回しになってしまいまして。
私的には、目の前にあることを、一生懸命やってきたつもりなのですが。

やはりブログが後回しσ(^_^;)

 

ブログ読んでますよ、なんていってくださったみなさま。
お久しぶりすぎて、ごめんなさい〜。

でもですね。

「それはそれで仕方ない。
できる事はできるし、できないことはできない!」

と、開き直る自分もおりまして 笑
なぜなら、それがヨガの教えなので(^-^)

 

 

「あなたの人生の中で、何をしている時間が一番大事ですか?」

 

 

ヨガでは、こんな質問があります。

みんないろんな役割があり、忙しい現代の私たち。1人何役もこなしてます。

みなさんなら、どんな時間、どんな自分、どんな役割が一番大事だと思いますか?

 

 

お仕事?
家事?
子育て?
友達、恋人との時間?

 

 

どれも全部大切。

ですよね。

 

 

ヨガの教えでは、

 

「今、あなたの目の前にある仕事(役割)が一番大事」

 

といっています(^-^)

 

お仕事場では、目の前にあるお仕事が一番大事。
家に帰ったら、家の事をやっている時間が一番大事。
子供の前なら、親としての仕事が一番大事。
両親の前なら、子供としての仕事が一番大事。

 

さらに、その「目の前にあるお仕事」を神さまにお供えするような気持ちで一生懸命行いなさい。それ自体がカルマヨガ(行為のヨガ)の実践です。

 

と。

 

どうですか?
ちょっとホッとしたりしませんか?

私はこの教えに、ずいぶん助けられてられている気がします。

 

だって、目の前にあること、それを一生懸命やらせていただく、それで十分なんだ、それもヨガの道なんだ、と。

 

もちろん、あれも、これもやりたいし、やらなくちゃ、と思いますが。でも、できなかったら、目の前にでてこなかったら、それはそれで仕方がない。きっと、それはタイミングではなく、また機会が巡ってきたら、自分の目の前にでてきたら、その時に一生懸命やればいいんだ(^-^) と。

 

 

と、かなり言い訳がましいですが 笑

 

 

来ました!
ついに、半年の月日を経て、私の目の前にブログがやってきました! 笑
ですので、一生懸命書かせていただきます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

今日は今年初の五反田薬師寺さんでのお写経+YOGA!でした。
ありがたいことに、今年で3年目になります。
来てくださる常連さま、そしてヨガが、お写経が初めて、というみなさまのおかげです。ありがとうございます。

毎年偶数月に行わていただいているお写経+YOGA。実は、去年&おととしと、2月の初回は雪。それも、大雪。

 

おかげで雪女呼ばわりされておりましたが…今日は暖かく、快晴!

雪女伝説を払拭しました。

 

今日はインド・ブッダガヤの印度山日本寺の事務総長さま、他お坊さま方もいらしていて、お写経とヨガのコラボを視察なさってました。

 

毎回お馴染み、五反田薬師寺名物⁈ 根来穆道さんの法話では、正しい礼拝の作法も実演つきで教わり、さらにお賽銭の意味も。

 

お賽銭箱を前にし、いくら入れるか?はたまた入れないでやり過ごすか、迷いますよねー。

お賽銭は、自分の持っているものを人に施す訓練をしているだけ。入れても入れなくてもいいそうです(^-^) …でも、やっぱりお寺的には入れてくれた方がありがたいそうです 笑。

世界遺産の仏様にかける保険金だけでも、年間○億円!だそうです。みなさん、お寺にいったら日本文化の維持の為と思い、お賽銭をいれましょう〜

お写経とヨガ、そしてみなさんとのほっこりお茶タイム♡
毎回このイベントが終わって思うことは、

 

「この組み合わせ、最高だな!」と(^-^)

 

今日も幸せな時間をありがとうございました! 次回は4/29(水祝) ご興味ある方はぜひ。

 

幸せ時間シェアしましょう( ´ ▽ ` )ノ

image

お抹茶にお干菓子、恒例のチャイ。そして、今日はバレンタインデーだったので、ココアとあんずのケーキ。もちろんレシピはいつものこちらから。

なかしましほさん「まいにち食べたいごはんのようなケーキとマフィンの本

 

image

正しい礼拝講座。

①手のひらを上にして、手を広げます。

 

image

②膝を軽く曲げ(五体投地の略式として)、右手を下にし、その上に左手指先をのせ、そこに額をつけてお辞儀を3回します。お祈りが終わったら、この手順でまた3回お辞儀を。

いろいろな流派があるそうですが、

薬師寺さんではこちらが正しい礼拝だそうです(^-^)

 

image

法話とお茶会の後は、ご自身と向き合うお写経の時間へ・・・

お写経+YOGAと素敵なシンクロ

 

O9

いま、ふたたびの奈良へ。

JR東海の奈良薬師寺さんのポスターがお出迎えしてくれました@五反田薬師寺

 

 梅雨の晴れ間、6月7日に各月恒例のお写経+YYOGAを行いました。今回も朝早くからたくさんの常連さま、ご新規さま参加いただきました。ありがとうございました!

 

O1

 お寺でのヨガは、場の空気が整っているおかげか、すーっと 集中していけるのが不思議です^ー^

 ヨガの後はみなさんで恒例のお茶会♡ 実はこれが一番楽しみだったりもします 笑

O2

O3

O4

美味しかった~!」というみなさんのお声を頂き、調子に乗って(笑)毎回チャイと一緒にお出ししている手作りおやつ。今回は、「あんこスコーン」。

 

常連さまのSさま。前回のおやつのお豆腐ブラウニーも美味しい!といって頂き、「レシピをおしてください!」とのこと^^ 「ブログにアップしますね~」なんていいつつ、うっかり時が経ってしまいまして。今回やっと種明かし!

なかしましほさんのお菓子が大好きで、その本を参考にさせていただいております(いや、ほぼそのままのレシピですが^^;) なかでも、「まいにち食べたい’ごはんのような’ケーキとマフィンの本」は愛読書です!自然素材のものを使いシンプルだけど、奥深い味わいのお菓子たちができます^ー^ 特徴はバターや卵を使わずに、菜種油や豆乳、きび砂糖を使うところ。体にもよさそう!ということもあり、本当にごはんの様にもりもり食べてしまいます。 笑

ちなみに’ごはんのような’シリーズは、他にクッキーとビスケットシフォンケーキなどレパートリーも充実しています。ご興味ある方はぜひ!

 

O5

そして、ここからみなさん各自お写経の時間へ・・・

 

 

O6 O7 O8

そして、こちらは、常連さまNさまの御朱印帳。杉の香りがふわぁっと香る重厚感のある朱印帳です。世界遺産に登録された記念にできた朱印帳をお取り寄せされたそうです。世界遺産に登録されているお寺にお参りし、ご朱印をいただくそうです^ー^ 毎回ご参加くださるNさま。年間を通して各地のお寺の行事にも参加されていて、とってもお寺ツウ。前回も散華をくださったり、今回も奈良の長谷寺に行かれた際のお松明(しょうみょう)をお守りに・・・とくださいました。いつも素敵なお話をありがとうございます!

 

 

O10

そして、こちらは「きぼうのかんづめ」。こちらも常連さまSさまから頂きました。

このお写経+YOGAをきっかけに奈良の薬師寺さんにも行ってみたい!と奈良へ一人旅・・・。とっても行動力のあるSさま^ー^ 今ではすっかり奈良にはまり、度々奈良にリフレッシュにいかれるようです。

奈良の薬師寺さん近くのイタリアンレストラン「AMRIT(アムリット)」さんに行かれた時にそこで販売されていた、金華さば味噌煮缶。東日本大震災で被災された宮城県石巻市の水産加工会社・木の屋石巻水産をモデルにした絵本のチャリティー缶詰です。Sさま、なぜかこれをワタシにとふっと思ってくださったそうで、奈良から運んできてくださり、お写経+YOGAで渡してくださいました。

頂いた私はびっくり!!!!!です。

なぜなら!実は、ワタシ、宮城県石巻とはとってもご縁があるのです。震災後2011年12月から数回に渡りにボディートークをつかったボランティアとして、石巻を訪れ木の屋水産の大きな缶詰広告が津波で流され、道路の真ん中にころがっている図もみてきました。  ( ↓ 2011年12月撮影)

11

 

しかも、缶詰が作られた宮城県石巻雄勝町。こちらもお見舞いに行かせていただいました。雄勝は日本1の硯(すずり)の生産地なのです。

そして、今回のお写経中に、ふっと筆を止め、硯で墨をすりながら

「あ、この薬師寺さんの硯も雄勝産かしら…」

なんてぼんやり思っていた直後に、雄勝産の缶詰を頂きました!

まさにシンクロした瞬間です^ー^

Sさま、奈良からわざわざ運んで届けてくださってありがとうございました!きっとこれも薬師寺さんがつないでくださったご縁ですね。鯖缶、とっても美味しかったです^ー^